北川景子:ももクロに“限定加入”で「きもクロだ~Z!」 イメージカラーは黒

1 / 4

 女優の北川景子さんが人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)と限定ユニット「きもクロ」を結成することが5日、明らかになった。今春に放送される「悪夢ちゃんスペシャル」(日本テレビ系)の中での限定ユニットで、イメージカラーの黒の衣装を身にまとい、メンバーとともにパフォーマンスも披露する北川さんは「10歳も違う日本を代表するアイドルたちと同じ衣装を着て、こういうことをするのが実は悪夢なんじゃないかと……」と話しつつも、メンバーとともに「きもクロだ~Z!」とポーズを決めている。

 「悪夢ちゃん」は、恩田陸さんの小説「夢違」を原案に、大河ドラマ「風林火山」などの大森寿美男さんが脚本を手がける学園ファンタジー。小学5年生のクラスを舞台に、他人に降りかかる未来の災難を予知夢として見てしまう能力を持つ少女“悪夢ちゃん”である結衣子(木村真那月さん)と、彼女の見た悪夢を読み解くことのできる担任教師・彩未(北川さん)が、次々と巻き起こる事件を解決していく。12年10月期に放送されたテレビドラマ版が人気を博し、劇場版「悪夢ちゃんThe夢ovie」(佐久間紀佳監督)も5月3日に公開される。

 スペシャル版には、ももクロが女子高生役で出演。ある日、彩未が勤務する明恵小学校が名門女子高の霜月女子学院と異年齢交流を行うことになり、彩未が受け持つ5年2組が代表に選ばれる。霜月女子学院に向かった彩未と結衣子は、生徒会長の詩織(玉井詩織さん)と、ダンス部の夏菜子(百田夏菜子さん)、彩夏(佐々木彩夏さん)、杏果(有安杏果さん)、れに(高城れにさん)に出会う……という展開。

 北川さんとの共演にももクロのメンバーも大喜びで、ドラマ版で夢獣の声を担当していた玉井さんは「まさかこうやって一緒に並べるなんて、想像してませんでした」と大興奮。高城さんは「北川さんにとっての“悪夢”が、私にとっては良い夢になったので、いいのかなと思いました」、百田さんは「6人の写真撮影で、私は北川さんとくっついて撮ったので緊張し過ぎてうまく顔が作れなくて、多分すごくニヤニヤしていると思います」とコメントしている。

 また、北川さんとももクロは同じスターダストプロモーション所属ということで、佐々木さんは「北川さんはあこがれの先輩で、見ているだけでうれしい」、有安さんは「私たちは、スターダストの“ダスト組”と言われているんですけど、初めて“スター組”の方と並ばせていただいて、事務所がスターダストでよかったと思いました」とちゃめっ気たっぷりに語っている。

 北川さんは「ももクロと一緒に歌ったり踊ったりしたいと思っている子供たちはたくさんいると思いますし、そういう子供たちが見てくれるドラマでもあるので、みんなに夢を与えられるのは光栄です」と話している。ドラマは今春放送。

写真を見る全 4 枚

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る