MANTANWEB(まんたんウェブ)

オダギリジョー:低視聴率ドラマがトラウマ? 「もうゴールデンは嫌」

マンガ テレビ
ドラマ「リバースエッジ 大川端探偵社」の会見に出席したオダギリジョーさん

 俳優のオダギリジョーさんが15日、東京都内で行われた主演ドラマ「リバースエッジ 大川端探偵社」(テレビ東京系)の会見に出席。深夜ドラマの魅力について聞かれたオダギリさんは、「自分の好みや趣味に合う作品が出せるのが深夜枠。テレ朝の深夜枠が好きだったが、(テレ東の深夜枠は)それよりももっと自由なことができると最近気づいた」と明かした。2012年にゴールデン帯の主演ドラマ「家族のうた」(フジテレビ系)が打ち切られてしまった過去を持つオダギリさんは「すごい低視聴率を取って、もうゴールデンの時間嫌だな、テレビをやるなら深夜かWOWOWだなと思っていた。深夜枠しかやるつもりないというような感じになっていた」と率直な思いを語った。

 ドラマは、「週刊漫画ゴラク」(日本文芸社)で連載中のひじかた憂峰さん原作、たなか亜希夫さん作画の同名マンガをドラマ化。東京・浅草の隅田川沿いの雑居ビルにある大川端探偵社に次々と舞い込む不可思議な依頼を、調査員の村木(オダギリさん)が解決していく……というストーリー。ドラマ「モテキ」「まほろ駅前番外地」などの大根仁監督が演出とともに脚本も担当する。石橋蓮司さん、小泉麻耶さんも出演する。

 会見には、石橋さん、小泉さん、大根監督も出席。「原作を読んで3、4年前から映像化したいと思っていた」という大根監督は、「村木を演じられる役者を待っていたら、昨年ぐらいからオダギリさんがいい感じに枯れてきた。ちょうどいいころ合いになってきてオファーさせていただいた」と起用理由を説明。すかさずオダギリさんは、「まあ38(歳)になりましたからね、枯れ時は過ぎているでしょうね」と同意しつつ、「30後半になってようやくできる芝居もある。枯れることが決して悪いことではない」とマイペースに話すと、大根監督は「中年の色気といってもらおう」とフォローしていた。ドラマは18日から毎週金曜深夜0時12分から「ドラマ24」枠で放送。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る