EXILE・AKIRA:後輩・佐野玲於の成長ぶりに感慨

関西テレビ提供
1 / 4
関西テレビ提供

 ダンス・ボーカルグループ「EXILE」ののAKIRAさん(32)が主演を務める学園ドラマ「GTO」(関西テレビ・フジテレビ系)の第2話(15日放送)で、同グループの弟分グループ「GENERATIONS(ジェネレーションズ)」の佐野玲於さん(18)が演じる生徒・宇佐美太一の物語が描かれる。AKIRAさんと佐野さんは以前、同じグループに所属していたことがあるといい、AKIRAさんは「成長過程を見ているので、共演することになって感慨深いです」と語った。

 佐野さんが演じる宇佐美は、ADHD(注意欠陥・多動性障害)と診断され、さらに家庭崩壊の危機にさらされるという役どころ。同話のクライマックスは宇佐美ら生徒たちのマラソンシーンで、佐野さんは2日間で約10キロを走って撮影に臨み、ゴールシーンではリハーサルの段階から佐野さんやAKIRAさんの目に涙があふれていたという。AKIRAさんは「(佐野)玲於は、子供の頃から知っています。その頃から親心のようなものが芽ばえていました」と話し、撮影終了後、佐野さんに「よく頑張ったな」と声を掛けた。

 また、6月25日に公開された同ドラマの無料アプリが、初回(14日)の放送時点で約7万4000ダウンロードされている。AKIRAさんは自身が演じる鬼塚からのメッセージが届く機能について「(アプリから)自分の声が流れてくるとちょっと照れますね」と話していた。

 「GTO」は、元ヤンキーの教師・鬼塚英吉が、生徒らが抱える悩みや問題を、型破りな“授業”で解決していく物語。今シーズンは湘南を舞台に、AKIRAさんが演じる鬼塚英吉が母校に赴任する……という展開。毎週火曜午後10時に放送。

写真を見る全 4 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る