MANTANWEB(まんたんウェブ)

広末涼子:観客500人からのサプライズに感涙 「頑張ったかいがありました」

ブック 映画
観客からのサプライズに涙を見せる広末涼子さん

 女優の広末涼子さんが22日、東京都内で開かれた岡田将生さん主演の映画「想いのこし」(平川雄一朗監督)の初日舞台あいさつに、主要キャストとともに登場。約500人の観客からクラッカーでお祝いされるサプライズに、広末さんは驚きで涙を流しながら「うれしくて……。頑張ったかいがありました」と喜んだ。

 舞台あいさつには、主演の岡田さん、広末さんのほか、松井愛莉さん、木南晴夏さん、巨勢竜也さん、鹿賀丈史さん、平川監督も登場した。「初日ありがとう!」という言葉とともに、客席から一斉にクラッカーが鳴り響くと、広末さんは手で顔を覆って驚き、「うれしくて……」と絶句。司会者にコメントを求められて、「毎日を一生懸命生きて、生きていることに感謝して、この映画を楽しんでほしい……」と語った。目を丸くした岡田さんも「こんなサプライズ初めてなので、本当にうれしくて、この映画を作って本当によかった」と感動。「この映画、何か心に届くことがあると思います。映画がいろんな方に広まってほしいと心から思います」と、観客に呼び掛けていた。

 映画は、岡本貴也さんの小説「彼女との上手な別れ方」が原作。金と女に目がない“ダメ男”のガジロウ(岡田さん)が、現世に未練を残した幽霊の最後の願いをかなえるためウエディング姿で結婚式をしたり、消防士としてヒーローになったり、男子高校生に熱い告白をしたりと奔走する……というストーリー。広末さんは「本当にすてきな(台)本で、読んだときから涙がぽろぽろ流れてしまうようだった。役作りを意識せずにやれた」と振り返り、「悲しい映画と思われているけれど、全然悲しくないです。泣こうとしないでくださいね、ジェットコースタームービーとして、気楽に見てほしい」とメッセージを送った。 

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る