MANTANWEB(まんたんウェブ)

尾野真千子:堤真一を“コレ”扱い 舞台あいさつで愚痴連発

ブック 映画
映画「神様はバリにいる」の初日舞台あいさつに登場した尾野真千子さん

 女優の尾野真千子さんが17日、東京都内で行われた映画「神様はバリにいる」(李闘士男監督)の初日舞台あいさつに主演の堤真一さん、ナオト・インティライミさん、菜々緒さん、玉木宏さんらと登場した。普段から仲がいいという堤さんと尾野さんは舞台あいさつで“夫婦漫才”のような掛け合いを披露し、会場を盛り上げた。

 堤さんについて、尾野さんは「今日はひどかった。菜々緒さんやこの“男ども”が先に来ていて、(自分が)遅れて来たら、コレ(堤さん)が『菜々緒さんいるから、お前、もう来んでええから』って。ひどくない?」と客席に訴えると、堤さんも負けじと「本心だから」と冗談めかして言い返した。さらに撮影時、菜々緒さんが現場入りしたあとに撮影のためバリに戻ったときのエピソードを話した尾野さんは「この男どもたち、色めきたって『可愛いのおったで~。お前帰ってきたん?』って、ひどいよね」と愚痴を連発。堤さんは「でも大事に扱ったでしょ。一応ね」と返し、笑いを誘った。

 「神様はバリにいる」は、書籍「出稼げば大富豪」(KKロングセラーズ)が原案。バリ島を舞台に堤さん演じる“自称爽やか”な大富豪のアニキが、独自の人生哲学で出会った人々の人生を変えていくという物語。今回が映画での演技が初挑戦だったという歌手のナオト・インティライミさんは「サッカーで言ったら本田(圭佑)選手、香川(真司)選手と一緒にワールドカップに出るようなもので、プレッシャーと緊張があった」と振り返り、「お芝居の世界は難しく、奥深く感じたとともにとても刺激的でスリリングなものと感じて、その魅力にとりつかれたような1カ月だった。今後もたくさん勉強して、いろんな役に挑戦していきたい」と俳優業へも意欲を見せた。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る