ジョニー・デップ:ドタキャンを謝罪 「珍獣と戦っていた」

1 / 7

 主演映画「チャーリー・モルデカイ 華麗なる名画の秘密」(デビッド・コープ監督)のPRのため来日し体調不良で27日に予定されていた記者会見を欠席した米俳優のジョニー・デップさんが28日、東京都内で“仕切り直し”で行われた記者会見に登場。デップさんは会見に登場するとすぐに通訳を介して「昨日は本当に申し訳ありませんでした」と謝罪。また、続けて「風邪というかインフルエンザが残っていた。でもそれが本当の理由ではなくて、珍獣と戦っていました。たぶん私のスーツケースに入って連れてきてしまったのではないかと思います。23階から投げ落としましたので二度と会うことはないと思います」とおどけ、笑いを誘った。

 デップさんは26日、婚約者の米女優アンバー・ハードさんを同伴し来日。27日には正午から東京都内のホテルで会見が予定され、報道陣約200人が集まったが、姿を現さず、開始時刻を1時間過ぎたころに配給会社の担当者から体調不良による記者会見の中止が告げられていた。

 映画は、デップさん演じる美術商のチャーリー・モルデカイが、盗まれた名画の捜索をきっかけに、富豪、マフィア、国際テロリストを巻き込みながら英国、ロシア、米国と世界中を駆けめぐるアドベンチャー。ヒゲアレルギーで切れ者のモルデカイの美人妻ジョアンナをグウィネス・パルトローさん、隙(すき)あらばジョアンナに近づくMI5(保安局)のワケあり刑事マートランドをユアン・マクレガーさん、不死身の最強用心棒ジョックをポール・ベタニーさんが演じる。2月6日公開。 

写真を見る全 7 枚

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る