MD松尾のヒット解析:「ゼルダの伝説」ダントツ 「七つの大罪」は全国的品薄

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D」(3DS、任天堂)がダントツでした。「時のオカリナ」「神々のトライフォース2」などのシリーズ作を大きく上回る売れ行きで、「ポケットモンスター オメガルビー・アルファサファイア」などと同じく20代に強いのが特徴でした。「戦国無双4−2」(PS4・PS3、コーエーテクモゲームス)も好調。中でもPS4版は売り切れるほどの人気を見せました。予想をはるかに上回る売れ行きだったのが「七つの大罪 真実の冤罪」(3DS、バンダイナムコゲームス)。全国的に在庫がほとんどないという状態で、もし在庫があったらもっと上位にきていたと思います。

 ◇今週の動き

 人気アクションの最新作「ゴッドイーター2 レイジバースト」(PS4・Vita、バンダイナムコゲームス)のVita版がダントツでしょう。予約も上々でかなり期待が持てそう。今回初めて据え置き機のPS4でも登場しますが、前作「2」の発売時には据え置き機のVitaTVも売れたことを考えると期待してもいいのではと思います。2位以下は混戦模様で、「ゴッドイーター2 レイジバースト」のPS4版、「ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D」、新作のZ指定タイトル「ジ・オーダー 1886」(PS4、SCE)あたりが入りそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(9~15日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ゼルダの伝説 ムジュラの仮面 3D(3DS)

2位 戦国無双4−2(PS3)

3位 七つの大罪 真実の冤罪(3DS)

4位 戦国無双4−2(Vita)

5位 ドラゴンボール ゼノバース(PS3)

6位 戦国無双4−2(PS3)

7位 ドラゴンボール ゼノバース(PS4)

8位 妖怪ウォッチ2 真打(3DS)

9位 ファークライ4(PS4)

10位 ファークライ4(PS3)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る