MANTANWEB(まんたんウェブ)

プリパラ:アイドル声優ユニット「i☆Ris」は成長中 らぁら役のために腹筋特訓も

アニメ アイドル

 小学生女児を中心に人気を集めているテレビアニメ「プリパラ」(テレビ東京系)。主人公・真中らぁらをはじめ人気キャラクターの声優を担当しているのがアイドル声優ユニット「i☆Ris(アイリス)」のメンバーだ。4月にアニメの新シーズンがスタートすることも決まっており「新シーズンがあるとは思っていなかったので、ワクワクしています」と語るらぁら役の茜屋日海夏(あかねや・ひみか)さんらメンバーに話を聞いた。

 ◇仲間がいる安心感

 「プリパラ」はアイドルをテーマにしたアニメで、主人公・らぁらが“神アイドル”を目指して奮闘する姿が描かれている。昨年7月にサービスがスタートしたタカラトミーアーツのアーケードゲームも登録数が100万人を突破するなど人気を集めている。テレビ東京系で毎週土曜午前10時から放送中。劇場版アニメが3月7日に公開される。

 i☆Risのメンバーは“新人声優”で、メンバーがそろって共演するのも初めて。茜屋さんは、らぁらを演じるにあたって「試行錯誤の連続だった。らぁらは声が大きい設定なのですが、難しくて。腹筋をして特訓したり……」と苦労が多かった様子だ。

 レオナ・ウェスト役の若井友希さんが「レオナは臆病なんだけど、どんどん成長している。私たちも演じながら一緒に成長しています!」と話すように、演じる中で声優として成長中だという。また、メンバーがそろって出演していることについて、東堂シオン役の山北早紀さんは「仲間がいると安心感があります。お互いに尊敬できる存在です」と話す。

 ◇i☆Risならではのものを確立していきたい

 i☆Risは、アニメのオープニングテーマ「Realize!」も担当しており、茜屋さんは「仲間がキーワードになっている曲で、みんな一緒に頑張っていくという歌詞は、ストーリーも私たちの活動にもリンクしています」と話す。ミュージックビデオでは、メンバーがアニメのライブシーンと同じ振り付けのダンスを披露しており、山北さんは「歌いながら踊るのが難しいんです……」と明かすが、ドロシー・ウェスト役の澁谷梓希(あずき)さんが「息が合っているからできるんです」と話すように、アニメと同様に絶妙のコンビネーションを見せている。

 アニメは、らぁらの「かしこま!」という決めゼリフも人気で、茜屋さんが「周りの人が『かしこま!』をめっちゃ使ってくれるんです」と喜ぶ。また、北条そふぃ役の久保田未夢(みゆ)さんは「親戚に『サインして!』と言われるんです!」とアニメの人気ぶりを実感しているようだ。

 「プリパラ」のヒットもあって、i☆Risの人気も急上昇しているが、茜屋さんが「これからももっと成長していきたい」と語るように、さらなる活躍を目指しているようだ。南みれぃ役の芹澤優さんは「声優とアイドルという私たちならではのものを確立していきたい」と力強く話していた。

 <プロフィル>

 アイリス 2012年2月に「アニソン・ヴォーカルオーディション」合格者6人で結成。同11月にアニメ「バトルスピリッツ ソードアイズ」のエンディングテーマ「Color」でCDデビュー。4月8日に初のアルバム「We are i☆Ris!!!」が発売され、4月18日のMusic Club JANUS(大阪市中央区)公演を皮切りに初のツアーを開催する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る