図書館戦争:続編映画がクランクアップ V6岡田が榮倉に格闘技指南

映画「図書館戦争−THE LAST MISSION−」の63日間に及ぶ撮影を終えてコメントした榮倉奈々さん(右)と佐藤信介監督
1 / 1
映画「図書館戦争−THE LAST MISSION−」の63日間に及ぶ撮影を終えてコメントした榮倉奈々さん(右)と佐藤信介監督

 人気グループ「V6」の岡田准一さんと榮倉奈々さんが主演し2013年に公開された映画「図書館戦争」の続編「図書館戦争−THE LAST MISSION−」(佐藤信介監督)が2日にクランクアップした。

 今作は、岡田さんや榮倉さんら前作のキャスト、スタッフが再結集し昨年12月から撮影しており、全国各地の図書館や防衛省・陸上自衛隊・航空自衛隊の全面協力でオールロケでの撮影を行ってきた。

 岡田さんは「撮影が終わって今、さびしいですね。朝5時に市街地を走るアクションシーンでアップしましたが、いかにも『図書館戦争』だなと思いました(笑い)。前作とは堂上のキャラクターのスタンスを変えて、より等身大の人間として演じました。上官として、役柄とリアリティーを追求するために、榮倉さん、田中(圭)くん、福士(蒼汰)くんら、タスクフォースのメンバーと密にコミュニケーションを取りながら、コンビネーションが重視される芝居を、みんなで自然に出来るよう頑張りました。大変なシーンの連続でしたけど、“これが「図書館戦争」”ということをみんなで合言葉にして、笑顔で乗り切ることができました。監督のイメージを信じて、スタッフ・キャストのチームワークで乗り越えた撮影でしたので、完成を楽しみにお待ちいただきたいです」と手応えを語っている。

 榮倉さんは「実に『図書館戦争』らしいハードな現場の日々でしたが、前作の終了時から体作りを始めて、いつ続編があってもいいように準備していたので乗り切ることができました。まだ本編が出来上がっていないので分かりませんが、トレーニングの効果が映像に出ているといいなと思っています」とクランクアップの感想を語った。また、共演の岡田さんについて「続編では岡田さんとのアクションシーンが多くありましたが、岡田さんにアドバイスをもらいながら撮影に臨むことができました。(岡田さんは格闘技の)師範の資格を持っている方に間近で相談できて、しかも分かりやすく指導をいただけたので、とてもカッコいいシーンになっていると思います。前作からさらにキャラクターのドラマや関係性も濃くなっている続編なので、いろんな人に見ていただきたいです」と話している。映画は10月公開予定。

 「図書館戦争」は、「フリーター、家を買う。」「阪急電車」などで知られる有川浩さんの人気小説が原作。本を検閲する「メディア良化隊」と本を守る自衛組織「図書隊」の戦いが描かれている。岡田さんが図書隊員の鬼教官・堂上篤役、榮倉さんが新人隊員・笠原郁役として出演、笠原の同期の超エリート・手塚光役で福士さん、業務部所属の美人の同期・柴崎麻子役で栗山千明さん、堂上の同期の小牧幹久役で田中さんらが出演している。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る