遠藤憲一:「必殺仕事人」に30年ぶり出演 新たな仕事人に

30年ぶりに「必殺仕事人」に出演する遠藤憲一さん
1 / 1
30年ぶりに「必殺仕事人」に出演する遠藤憲一さん

 「少年隊」の東山紀之さんが主演するスペシャルドラマ「必殺仕事人2015」(ABC・テレビ朝日系)が今秋に放送されることが決定し、俳優の遠藤憲一さんが30年ぶりに同シリーズに出演することが10日、明らかになった。1985年放送の「必殺仕事人5」の最終話にゲスト出演した際には仕事人に成敗される役どころだったが、今回は新たな仕事人「瓦屋の陣八郎」を演じることになった。

 遠藤さん演じる陣八郎はやりたい放題で遊び人の無頼な仕事人で、“仕置き”の方法も、たがねを頭にたたきつけ、頭蓋骨(ずがいこつ)を割って相手を仕留めるという豪快なもの。ただ、東山さん演じる渡辺小五郎は陣八郎に不信感をあらわにし、一触即発のシーンもあり、和久井映見さん演じる花御殿のお菊も「あいつ(陣八郎)とだけは関わるべからず」と語るなど、一体どんな役どころになるのか注目だ。

 30年ぶりの「仕事人」出演に遠藤さんは「当時はデビューして間もなくて、右も左もわからず、どんな役で何をしたかほとんど覚えてない。(今回は)不思議な気分とうれしいのとごちゃまぜです」とコメント。「東山くんとはよく一緒に飲むのですが、面と向かってシリアスな演技をするのが恥ずかしい」と語りながらも、「久々の時代劇なので、自分のできる全精力を傾けたい」と意気込んでいる。

 「必殺仕事人」は、1972年の「必殺仕掛人」から20年にわたって必殺シリーズとして放送された時代劇。2007年に東山さんを主演に迎えて15年ぶりにスペシャルドラマとして復活し、以降、連続ドラマやスペシャルドラマとしてたびたび放送している。最新作「必殺仕事人2015」は、仕事人が“女の敵”を成敗する物語で、「TOKIO」の松岡昌宏さん、「Hey!Say!JUMP」の知念侑李さんらおなじみのキャストが再結集。遠藤さんのほか、卑劣な敵役で竹中直人さんも出演する。

 東山さんは「最近は1年に1度撮影させていただいているので、ホームに帰ってきたという気持ちです。みなさん温かく迎えてくれるので、役にすぐに戻ることができます」とコメント。遠藤さんについては「以前共演させていただいたときから、兄貴のように良くしてくれていたので、とても楽しみでした。対立もする関係ですが、そういう関係性を持てるのが幸せだなと思います。雰囲気は仕事人にぴったりだと思います」と期待している。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る