MANTANWEB(まんたんウェブ)

新井浩文:犯罪者でなく警官役にびっくり 今度は「朝ドラ、大河に呼んで」

テレビ
NHKドラマ「64」の試写会に登場した新井浩文さん

 俳優の新井浩文さんと音楽グループ「電気グルーヴ」のメンバーで俳優のピエール瀧さんが7日、東京・渋谷のNHK放送センターで開かれたドラマ「64(ロクヨン)」の試写会に登場した。新井さんと瀧さんは地方県警の広報担当の警察官を演じており、たびたび職務質問を受けることをツイッターで明かしている新井さんは「出ている映画の8割が犯罪者役。映画で犯罪者を演じることが多いトップ2(の新井さんと瀧さん)が警官とは……。攻めるなあ!」と驚いていた。

 同作は映画化も決定しており、映画では、新井さんが演じる諏訪を綾野剛さんが演じる。新井さんは「(綾野さんは)実力もネームも(自分より)上。仲がいいけど、今回は失敗してほしい」と笑顔で話した。また「オファーがあって、ついに朝ドラ、大河かと思ったら、安定の夜(の放送)枠だった。呼んでください!」と猛アピールしていた。

 ドラマは横山秀夫さんの同名小説が原作。昭和64(1989)年1月に起きた“ロクヨン”と呼ばれる誘拐殺人事件と、平成14(2002)年に起きたロクヨンを模倣した事件を地方県警の広報官・三上義信(瀧さん)の視点から描く。試写会には木村佳乃さんや、永山絢斗さん、山本美月さんら共演者も登場した。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る