MANTANWEB(まんたんウェブ)

オバケのQ太郎:30年ぶりコミックス一新 装丁は祖父江慎

アニメ マンガ
 「オバケのQ太郎」のイラスト(C)藤子プロ・藤子スタジオ

 藤子・F・不二雄さんと藤子不二雄Aさんのマンガ「オバケのQ太郎」のコミックスが30年ぶりに一新され、7月24日に小学館の「てんとう虫コミックス」レーベルから発売されることが25日、明らかになった。3度目のアニメ化の際の1985年に「傑作選」の新装版が刊行されて以来のコミックスとなる。装丁は、人気グラフィックデザイナーの祖父江慎(そぶえ・しん)さんが手掛ける。

 「オバケのQ太郎」は、東京五輪が開催された1964年から66年まで「週刊少年サンデー」で連載され、65年には「小学一年生」や「小学六年生」などの学年誌でも連載された。同年にはTBS系で、71年には日本テレビ系で、85年にはテレビ朝日系でアニメが放送された。67年に完成した小学館ビル(現在建て替え中)は「オバQビル」と呼ばれるなど、一世を風靡(ふうび)した。

 コミックスは69年に刊行された全12巻の内容となる。新装版発売と同時に、7月24日から電子書籍の配信も始める。サイトには「試し読み」ページも用意する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る