MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:「ファイアーエムブレム」が断トツ アミーボ、トレカも絶好調

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 「ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国」(3DS、任天堂)が予想通りすさまじい売れ行きを記録。「白夜王国」「暗夜王国」の2バージョンと、両バージョンが一つになった「スペシャルエディション」の3タイトルがトップ3を占める圧倒的な結果でした。「白夜王国」がトップだったのは難易度が低く遊びやすさをうたっていたからでしょう。

 予約段階ではシリーズファンが中心だったようですが、発売後若干変化があったようで、シリーズ最高の売り上げを達成しています。今でも品薄が続いており、限定版の「スペシャルエディション」はどこを探してもほとんどないでしょう。また、別バージョンをダウンロードコンテンツとして提供していることからかプリペイドカードも売り上げを伸ばしているほか、再入荷したフィギュアのアミーボ、トレーディングカードゲームといった連動商材も絶好調でした。

 続いたのは「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」(Vita、アトラス)。こちらも上々の売れ行きで、Vita本体の売れ行きにも大きく貢献しました。伸び率でいえば3DS本体よりも上昇しています。

 ◇今週の動き

 「ファイアーエムブレムif 白夜王国/暗夜王国」がV2を達成しそう。続くのも「リズム天国 ザ・ベスト+」(3DS、任天堂)、「ペルソナ4 ダンシング・オールナイト」といった発売済みのタイトルになりそうです。

 ◇ランキングは次の通り。(22~28日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ファイアーエムブレムif 白夜王国(3DS)

2位 ファイアーエムブレムif 暗夜王国(3DS)

3位 ファイアーエムブレムif <SPECIAL EDITION>(3DS)

4位 ペルソナ4 ダンシング・オールナイト(Vita)

5位 リズム天国 ザ・ベスト+(3DS)

6位 スプラトゥーン(WiiU)

7位 ファイナルファンタジー14:蒼天のイシュガルド(PS4)

8位 ポポロクロイス牧場物語(3DS)

9位 デビル メイ クライ 4 スペシャルエディション(PS4)

10位 マインクラフト(Vita)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る