高橋ジョージ:ドラマの役名でCDデビュー 目標は紅白出場

芸能
「たどころ晋也(高橋ジョージ)」として9月2日にCDデビューする高橋ジョージさん

 NHKの連続ドラマ「美女と男子」に一発屋ベテラン歌手・たどころ晋也役で出演中の高橋ジョージさんが、「たどころ晋也(高橋ジョージ)」として9月2日にCDデビューすることが10日、明らかになった。劇中歌唱曲の「ハローマイラブ!」「ふたり~One Day」の両A面シングルで、同日、東京都内で記者会見が行われ、たどころ晋也として会見に臨んだ高橋さんは「年末の紅白歌合戦はたやすい道ではないと思いますが、高橋ジョージとしては果たせなかった年末のステージに立ちたいなと思っている」と目標を掲げた。

 両曲とも高橋さんが作詞作曲を担当しており、「ハローマイラブ!」に込めた思いを聞かれた高橋さんは、「高橋ジョージから聞いた話」と強調した上で、「彼の娘さんが、『パパ(THE 虎舞竜)のロードっていい歌だけど、もっと明るい曲書けないのってリクエストがあって、今回それがかなったって。ぜひ、この歌が飛んでいけ、彼女の胸に届いてくれればという思いで作った」と告白。歌詞の中の「この世で一番 大切な君の愛」の「君」について、「娘ですね」と明かし、「あの騒ぎがなかったら高橋ジョージ自身は書けなかった歌だと思う。(家族と)距離を持って、時間をとったことで、生まれた楽曲なので、心から感謝している。いい曲を書かせていただいた」と語った。

 また、「ふたり~One Day」の方も紹介し、「深い内容の詞になっている。『たとえ宇宙の果てにひきさかれたとしても迎えに行く』という(詞があって)、ストーカーみたい感じですが、それぐらいの思いで作っている」と話し、笑いを誘った。 

 同ドラマは、あるきっかけで芸能マネジャーになったヒロイン・沢渡一子(仲間由紀恵さん)と、一子にスカウトされた年下の新人・遼(町田啓太さん)が絆を強めながら芸能界の頂点を目指す物語。高橋さん演じるたどころ晋也は 一発屋のベテラン歌手で、「唯一のヒット曲「ハローマイラブ!」は自作曲でないため印税収入も乏しく、同曲のヒット後、離婚により妻や娘とは別居した……という役どころ。ドラマのオファーが来たとき、「台本の1話、2話を見たときに断ろうかと思った」と明かし、「昨年の11月に(台本を)いただいたとき、妻子に逃げられたって(設定で)、どこからもれたんだろうって。でもこんな偶然ってないなと。導きというか、これをやれってことなんだろうと思った」と振り返っていた。

 ドラマは毎週火曜午後10時からNHK総合で放送中。 

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る