牙狼:新作「紅蓮ノ月」の桂正和描き下ろしキービジュアル公開 メインキャストに浪川大輔ら

桂正和さんが描いたアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」のキービジュアル
1 / 1
桂正和さんが描いたアニメ「牙狼 -紅蓮ノ月-」のキービジュアル

 アクションホラー特撮ドラマ「牙狼<GARO>」シリーズのテレビアニメ第2弾「牙狼-紅蓮ノ月-」のキービジュアルが1日、公開された。「ウイングマン」「電影少女」などで知られるマンガ家の桂正和さんの描き下ろしで、刀や弓を構える和装姿のキャラクターが描かれている。

 併せて、メインキャストも発表された。アニメ「鋼の錬金術師」のエドワード・エルリック役の朴ロ美さん、「クレヨンしんちゃん」の野原しんのすけ役の矢島晶子さん、「ルパン三世」の石川五ェ門役の浪川大輔さん、「機動武闘伝Gガンダム」のドモン・カッシュ役の関智一さん、「グイン・サーガ」のグイン役の堀内賢雄さんが出演する。

 「牙狼<GARO>」シリーズは、黄金騎士ガロら魔戒騎士や魔戒法師と、人を食らう魔物・ホラーとの戦いを描いた作品。新作「紅蓮ノ月」は、前作「炎の刻印」の制作中に、続編ではない新規の物語を作るという視点から企画がスタートし、時代や登場人物も一新、平安の都を舞台に黄金騎士が活躍する物語が描かれるという。10月9日からテレビ東京系、BSスターチャンネル、CSファミリー劇場で半年間(2クール)にわたり放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る