MANTANWEB(まんたんウェブ)

内野聖陽:役者として「Mでいたい」

ブック 映画
映画「罪の余白」初日舞台あいさつに登場した内野聖陽さん(左)と吉本実憂さん

 俳優の内野聖陽さんが3日、東京都内で行われた主演映画「罪の余白」(大塚祐吉監督)の初日舞台あいさつに登場した。内野さんは「中年のおっさんが16歳の少女と対決する話と聞いて面白そうだと軽い気持ちで出演したけれど、こんなにシリアスな話になるとは」と苦笑。劇中では、吉本実憂さん演じるずる賢く残忍で悪魔のようなモンスター女子高生・咲に追い詰められる役どころだが、実際はどちらのタイプかと聞かれると「いじめる方が好きかなという感じなんですが、どこかいじめられたがっているM的なSですね。役者としてはMでいたい。(監督に)『もっと言ってください!』という感じ」と熱弁して、会場の笑いを誘った。

 映画は、野性時代フロンティア文学賞を受賞した芦沢央(あしざわ・よう)さんのサスペンス小説を映画化。高校のベランダから転落した一人娘・加奈の死を受け止められない父親で行動心理学者の安藤(内野さん)が、娘の死の謎を巡って真相を追い始める。そんなときに現れた加奈のクラスメート・咲(吉本さん)は、加奈の死に涙するが、彼女は教師、生徒、警察の心を操り、スクールカースト頂点に君臨するずる賢く残忍な悪魔のような少女だった……という物語。

 舞台あいさつには、内野さん、大塚監督のほか、吉本さん、谷村美月さん、葵わかなさん、主題歌を担当した金魚わかなさんが出席した。撮影前のカメラリハーサルでは、大塚監督の指導のもと、人が傷つくせりふを言い合う「傷つけエクササイズ」を行ったといい、大塚監督は「(内野さんに)何でそんなに芝居がでかいんですか?」「(吉本さんらに)芝居が下手になる専門学校でも行ったの?」と厳しいせりふをぶつけたという。吉本さんは「最初は自分の感情が入りすぎてモヤモヤしました」というが、「『あ、こう言ったらすごく傷つくんだ』と楽しくなってきました」と告白。自身は追い詰めるタイプかと聞かれると「ご想像にお任せします」と笑顔でかわしたが、内野さんからは「絶対にSですよ! いじめることで快感を覚えてるんですから!」と指摘されて困り顔を見せていた。

ブック 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る