バクマン。:佐藤健&神木隆之介の実写映画が100万人を突破 興行収入は13億円超え  

映画「バクマン。」のイメージビジュアル
1 / 1
映画「バクマン。」のイメージビジュアル

 佐藤健さんと神木隆之介さんがダブル主演を務めた映画「バクマン。」(大根仁監督)が、公開日から25日で観客動員が100万人を突破したことが28日、分かった。累計興行収入は13億円を突破している。

 「バクマン。」は、原作を大場つぐみさん、マンガを小畑健さんが手がけ、「週刊少年ジャンプ」(集英社)で2008~12年に連載され、コミックス全20巻で累計発行部数1500万部を超えるヒットを記録した人気マンガ。週刊少年ジャンプで連載する夢をかなえるため、高校生のマンガ家が二人三脚で奮闘するストーリーで、10~13年には3シーズンにわたってアニメ化もされた。

 映画は、全国324スクリーンで公開。主人公の真城最高を佐藤健さん、高木秋人を神木隆之介さんが務め、ダブル主演している。共演に、小松菜奈さん、桐谷健太さん、山田孝之さん、染谷将太さん、リリー・フランキーさんら豪華キャストが出演している。 

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る