MANTANWEB(まんたんウェブ)

木村多江:「とと姉ちゃん」ヒロインの母 小橋家の“裏”家訓を明かす

テレビ
「とと姉ちゃん」に小橋君子役で出演する木村多江さん=NHK提供

 女優の木村多江さんが、放送中のNHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」で高畑充希さん演じるヒロイン・小橋常子の母、君子役で出演している。木村さんに、役作りや共演者の印象、意外な小橋家の“裏”家訓について聞いた。

 「とと姉ちゃん」は、生活総合誌「暮しの手帖」の創業者である大橋鎭子らの軌跡をモチーフとしたドラマ。11歳で父(とと)を亡くしたことを境に家族の父代わりとなった小橋常子が、静岡から上京し、女性向けの雑誌を創刊。昭和の時代の高度経済成長期を経た女性の一代記を描く。

 ◇「母と娘の顔を演じ分けたい」

 木村さん演じる君子は、常子ら三姉妹の母。良妻賢母で、夫・竹蔵が亡き後も、娘たちの精神的なよりどころであり、当たり前の暮らしの大切さを生涯をかけて伝えていく女性だ。陰ながら娘たちを支え続ける君子について、木村さんは「愛情深い人なので、根本的には、子供たちを応援するというスタンスと、子供たちが幸せでいることを要にして生きている女性として演じています」と役作りを語る。

 おっとりとした性格の君子だが、一方で、夫・竹蔵との結婚を巡って実母・滝子と対立するという激しい面も持ち合わせている。木村さんは「今回のドラマでは、母も娘であるというところも描かれていて。おっとりしているだけではない、多面的な部分が君子さんの面白いところだなと思います。娘たちの前で見せる顔と、滝子さんの前で見せる顔を変えることを心がけて演じたい」と語る。

 「君子は社会に出たことがないので、夫が亡くなって、初めて社会の厳しさを知る。だから母の言うことももっともだと思っている部分はあるけれど、夫と築いた幸せな家庭や大切にしてきたことを、夫がいないだけに自分が貫いていかないといけないと、かたくなになってしまうんだろうなって」と役に思いを寄せる。

 ◇ヒロイン・高畑充希は「ノリがいい」

 たびたび母と衝突する君子だが、3人の娘たちについては「みんないい子すぎて。親としては反抗期があってもいいのにと思うくらい(笑い)」と木村さんは語り、「お父さんが亡くなってしまったことで、そのすきまを埋めようとみんなが必死に生きている。お互いを思いやって、いたわり合っている」と絆の強さを語る。

 実際、舞台裏でも「みんな仲がいい」と明かし、撮影中に迎えた自身の誕生日には、娘役それぞれからプレゼントをもらったそうで、「本当のファミリーのように祝っていただいて、すごく幸せな気持ちでした」と満面の笑みで語る。

 今回、初共演となる主演の高畑さんについて、「第一印象はキラキラとした女優さん。一緒に過ごすうちに、すごく繊細で、人を思いやることができる人だなって。それから関西人なので、ノリがよかったり(笑い)。私がボケると、必ず突っ込んでくれる。面白い部分もたくさん見つけました」と新たな一面を発見したといい、待ち時間には「充希ちゃんも巻き込んで、みんなでふざけ合っています」と仲むつまじい小橋家のエピソードを披露した。

 ◇“とと”西島秀俊の子煩悩な一面

 劇中の小橋家には、さまざまな家訓が掲げられているが、キャスト内での“裏”家訓も存在するという。「『どんなことでも(誰かがネタを)振ったらやる』という家訓。朝から晩まで撮影していると、だんだん行き詰ってくるんですが、充希ちゃんが踊ったら、(小橋家のキャスト)全員で踊ったり。それを見て周りのみんなが『大丈夫?』って、違う意味で心配しているんですけど」と楽しそうに笑う。

 小橋家の父・竹蔵を演じた西島秀俊さんについても「とにかくずっと子供と遊んでいて、ふざけてばっかりいました」と子供好きな面があることを明かし、「みなさんの(西島さんの)イメージはカッコいい、寡黙な感じだと思うんですが、実際はすごく素朴な人。一緒にいて楽しい方だし、現場の空気をすごくよくしてくれました。お芝居にもそういう西島さんのいいところが出たんじゃないかなと思います」と笑顔で語った。

 「当たり前のことなんですけど、みんな仲よくって。長く一緒にいると、疲れて余裕がなくなってきて、何かすれ違いが起きたりもします。そういうことがないように、みんながうまくいっているか常に見ていたいし、私の中では全員のお母さんでいようという感じです」と木村さんは舞台裏でも母の顔で、「その楽しい空気が映像に出ているんじゃないかなと思います」と笑顔で語った。

 「とと姉ちゃん」は、NHK総合で月~金曜午前8時ほかで放送中。全156回を予定。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る