MANTANWEB(まんたんウェブ)

ポーの一族:40年ぶり続編 フラワーズに読み切り掲載へ

マンガ
萩尾望都さんのマンガ「ポーの一族」の続編が40年ぶりに掲載されることになり、「月刊フラワーズ」(小学館)6月号に掲載された告知イラスト

 少年の姿のまま永遠の時を生きる吸血鬼の運命を描いた萩尾望都さんの傑作マンガ「ポーの一族」の続編が、40年ぶりに執筆されることが28日、明らかになった。5月28日に発売される「月刊フラワーズ」(小学館)7月号に読み切りとして掲載される。

 「ポーの一族」は、1972~76年に「別冊少女コミック」(現ベツコミ)に連載された作品。バンパネラ(吸血鬼)の一族・エドガーとメリーベルの兄妹が、アランという少年に出会う……というストーリー。1976年に「小学館漫画賞」の少年少女部門を受賞している。

 続編はフラワーズの創刊15周年を記念した企画の一つとして実現したもので、4月28日に発売された同誌6月号では、シリーズ最新作「春の夢」前編(40ページ)を掲載すると告知されている。1944年に戦火を逃れてウェールズに来たアランとエドガーがドイツ人の少女と出会う……という内容で、掲載号には、萩尾さんと「日出処の天子」の山岸凉子さんの対談も掲載される予定。

 また、当時の装丁を再現したコミックス「ポーの一族 復刻版」全5巻(各463円)と、限定生産のポストカード付きボックス版(2800円)を5月10日に同時発売する。またフラワーズの15周年を記念して、7月16、17日にアーツ千代田3331(東京・秋葉原)でイベント「flowers フェスティバル」(入場無料)を開催する。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る