99.9-刑事専門弁護士-:第3話は視聴率16.2%と小休止

テレビ
TBS日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」第3話のワンシーン (C)TBS

 人気グループ「嵐」の松本潤さんが主演を務めるTBSの日曜劇場「99.9-刑事専門弁護士-」の第3話が1日に放送され、平均視聴率は16.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。今年の民放連ドラ最高を記録した第2話の19.1%(同)には及ばなかったものの依然、好調をキープしている。

 同ドラマは4月17日にスタートし、初回は今期の民放連ドラ最高となる平均視聴率15.5%(同)を記録。24日放送の第2話は、松本さんと同じジャニーズ事務所に所属する俳優・風間俊介さんがゲスト出演。同い年でもある松本さんと風間さんの初共演も話題となり、19.1%(同)と大幅アップし、今年の民放連ドラ最高を記録していた。

 「99.9-刑事専門弁護士-」は、有罪率99.9%という刑事弁護の世界を舞台に、逆転不可能な状況の中、残された0.1%の可能性にこだわって事実を追求しようとする刑事専門弁護士たちの活躍を描く。松本さんが超型破りな若手弁護士・深山大翔を演じ、主人公とチームを組む弁護士・佐田篤弘役で香川照之さん、立花彩乃役で榮倉奈々さんが出演している。

 第3話は、川口建設の金庫に常備していた非常用資金1000万円が盗まれ、経理を担当していた果歩(山下リオさん)が逮捕される。母・冴子(麻生祐未さん)は「娘を助けてほしい」と深山(松本さん)ら刑事事件専門ルームに弁護を依頼。被告人が女性であることもあり、自分の実力を見せたい彩乃(榮倉さん)が担当したいと申し出る。家宅捜索で不利な証拠が見つかるも無罪を主張する果歩に話を聞こうと拘置所を訪れた彩乃と深山だったが、果歩から弁護を拒まれてしまう……という内容だった。「99.9-刑事専門弁護士-」はTBS系で毎週日曜午後9時に放送。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る