MANTANWEB(まんたんウェブ)

ハイスコアガール:2年ぶりに連載再開 刑事告訴で一時休載の人気マンガ

アニメ マンガ
連載の再開が決まった押切蓮介さんのマンガ「ハイスコアガール」のイラスト (c)Rensuke Oshikiri/SQUARE ENIX

 スクウェア・エニックスは23日、ゲーム会社のSNKプレイモア(大阪府吹田市)に著作権侵害で刑事告訴(その後和解)され、連載を一時休止していた押切蓮介さんのマンガ「ハイスコアガール」の連載を、7月25日発売の月刊マンガ誌「ビッグガンガン」2016年8号から再開すると明らかにした。約2年ぶりの連載再開で、「ハイスコアガール」のコミックス、電子書籍の販売も再開する。

 「ハイスコアガール」は、SNKプレイモアが同社の著作権を侵害しているとして、14年5月26日付で、スクウェア・エニックスやその役員・社員を大阪府警に刑事告訴したが、15年8月に両者の間で和解が成立していた。

 ハイスコアガールは、押切さんが月刊マンガ誌「月刊ビッグガンガン」で連載。1990年代の懐かしのゲームをテーマにした作品で、「増刊ヤングガンガン」2010年Vol.11と「増刊ヤングガンガンビッグ」11年Vol.1~3の掲載をへて、11年10月に「月刊ビッグガンガン」で連載を始めた同誌の看板作品。ゲームに熱中する主人公・矢口ハルオと、お嬢様・大野晶が、人気格闘ゲーム「ストリートファイター2」(カプコン)の対戦をきっかけにケンカしつつも少しずつ仲良くなる……というストーリー。

 1980~90年台に人気を博した多くのゲームが登場し、「ザ・キング・オブ・ファイターズ」や「サムライスピリッツ」などSNKプレイモアの作品も登場していた。当時は、高校生編が連載中で、テレビアニメ化も発表されていたが、刑事告訴を受けて、14年8月にマンガの連載を一時休止していた。

 ◇ビッグガンガン編集部のコメント 

 押切先生をはじめ関係各位のご尽力とご支援により、読者の皆様に再び「ハイスコアガール」をお届けする日を発表できる機会を迎えられました。長らくお待ちしていただいた皆さまのご期待に添えるよう、2016年7月25日の小誌にての連載再開および単行本の販売に向けて編集部一丸となって誠心誠意努力いたす所存です。これからも変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申しあげます。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る