堤真一:藤子・F・不二雄原作ドラマで“中年スーパーマン”に 鬼嫁役に小泉今日子

マンガ テレビ
「スーパーサラリーマン左江内氏」に出演する(左から)堤真一さん、小泉今日子さん、左江内氏のカラー原画(C)藤子プロ

 俳優の堤真一さんが、2017年1月クールに放送される連続ドラマ「スーパーサラリーマン左江内氏」(日本テレビ系、土曜9時)に主演することが25日、明らかになった。原作は故・藤子・F・不二雄さんのマンガで、同局の連続ドラマ初出演となる堤さんは、しぶしぶ世界の平和を守るパッとしない中年サラリーマン・左江内(さえない)を演じる。また、左江内が最も恐れる鬼嫁・円子役で小泉今日子さんも出演し、「勇者ヨシヒコ」シリーズなどの福田雄一監督が脚本・演出を担当する。

 原作は、藤子さんが1977~78年に連載した大人ヒーロー物語「中年スーパーマン左江内氏」。平凡な妻子あるサラリーマンで中間管理職の主人公・左江内が、怪しい老人からスーパーマンになれるスーパースーツを無理やり渡され、やむを得ず、地球平和と家庭平和の間で揺れ動きながらも奮闘する……という内容。

 堤さんは「先日、スーパースーツを試着しました。実際に着てみて、『何て格好させるねん』と(笑い)。でも、それほど嫌じゃないかもしれません」とコメント。「共演の小泉今日子さん、そして、福田雄一監督とのコラボでどんな作品になるのか、2017年1月の土曜ドラマを楽しみにしていてください」とメッセージを寄せている。

 一方、日テレのゴールデンタイムのドラマへの出演は2003年7月期の「すいか」以来13年半ぶりとなる小泉さんは「堤真一さんとは久しぶりの共演です。しかも夫婦役ということで、息を合わせ、力を合わせ、面白い作品にできたらと思います」と抱負。“鬼嫁”を演じることについては「個人的には、完全なるミスキャストだと思っています(笑い)」とコメントしている。

 福田監督は「僕にとって、今回、藤子・F・不二雄先生の原作を実写化させていただけるということが一番の栄誉なんです。さらに、自分の部屋に一番最初にポスターを貼ったアイドル、キョンキョンとご一緒できる! これが最大の二つの幸せです! 堤さんとはいつもの感じで(笑い)。いや、いつも以上にたくさんいじり倒そうと思います」と語っている。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る