MANTANWEB(まんたんウェブ)

新語・流行語大賞:年間大賞は「神ってる」 トップテンにポケモンGO、PPAP、(僕の)アモーレ…

芸能
「2016 ユーキャン新語・流行語大賞」年間大賞に選ばれた「神ってる」と言われたプロ野球・広島カープの鈴木誠也選手

 今年流行した言葉を決める「2016 ユーキャン新語・流行語大賞」が1日、発表され、1991年以来25年ぶり7度目のリーグ優勝を決めたプロ野球・広島カープの活躍を表現した「神ってる」が年間大賞に選ばれた。

 「神ってる」は広島カープの緒方孝市監督が、鈴木誠也選手の活躍を表現した言葉として流行した。このほかトップテンには、ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音さんとタレントのベッキーさんの不倫騒動などを表現した「ゲス不倫」や、シンガー・ソングライターのピコ太郎さんによる大ブレーク中の不思議ソング「ペンパイナッポーアッポーペン」こと「PPAP」、女優の平愛梨さんと交際中のサッカー日本代表の長友佑都選手が平さんのことを表現した「(僕の)アモーレ(イタリア語で愛する人の意)」、社会現象となった「ポケットモンスター」のゲームアプリ「ポケモンGO」、大ヒット中の劇場版アニメ「君の名は。」(新海誠監督)によって一般にまで広まった、アニメの舞台となった場所などを巡る行為を指す「聖地巡礼」などが入った。

 また、選考委員特別賞には、熊本地震からの復興に向けた熊本城の制度「復興城主」が選ばれた。一方、テレビアニメ「おそ松さん」や怪獣映画「ゴジラ」の新作「シン・ゴジラ」、「君の名は。」などはトップテン入りを逃した。

 同賞は1984年にスタートし、今年で33回目。「現代用語の基礎知識」(自由国民社)の編集部の調査で候補語を選出し、東京大学名誉教授の姜尚中さん、歌人の俵万智さん、女優の室井滋さん、マンガ家のやくみつるさん、クリエイティブ・ディレクターの箭内道彦さんらが名を連ねる選考委員会でトップテンと年間大賞を選出した。

 ◇トップテン カッコ内は受賞者(敬称略)

 神ってる(広島カープ緒方孝市監督、鈴木誠也選手)▽ゲス不倫(週刊文春編集部)▽聖地巡礼(ディップ)▽トランプ現象(受賞者なし)▽PPAP(ピコ太郎)▽保育園落ちた日本死ね(山尾志桜里衆議院議員)▽(僕の)アモーレ(長友佑都選手)▽ポケモンGO(ナイアンティック、ポケモン)▽マイナス金利(日本銀行)▽盛り土(受賞者辞退)

 ◇ノミネート30語

 アスリートファースト▽新しい判断▽歩きスマホ▽EU離脱▽AI▽おそ松さん▽神ってる▽君の名は。▽くまモン頑張れ絵▽ゲス不倫▽斎藤さんだぞ▽ジカ熱▽シン・ゴジラ▽SMAP解散▽聖地巡礼▽センテンススプリング▽タカマツペア▽都民ファースト▽トランプ現象▽パナマ文書▽びっくりぽん▽文春砲▽PPAP▽保育園落ちた日本死ね▽(僕の)アモーレ▽ポケモンGO▽マイナス金利▽民泊▽盛り土▽レガシー

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る