明日のべっぴんさん:12月5日 第55回 百貨店社長・大島、すみれに期間限定出店を提案

 大急百貨店の社長・大島(伊武雅刀さん)から出店の話を断った理由をたずねられるすみれ(芳根京子さん) (C)NHK
1 / 5
大急百貨店の社長・大島(伊武雅刀さん)から出店の話を断った理由をたずねられるすみれ(芳根京子さん) (C)NHK

 芳根京子さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「べっぴんさん」は第10週「商いの聖地へ」を放送。5日の第55回では、大急百貨店への出店を断ったすみれ(芳根さん)は、百貨店の社長・大島(伊武雅刀さん)から理由を聞かれ、製品作りの工程を減らすよう求められたことや、売り残り品が処分されることは受け入れられないと説明する。すると大島はすみれに、10日間限定での出店を提案する……。

 「べっぴんさん」は、95作目の朝ドラ。神戸市に本社を置く子供服のメーカー「ファミリア」の創業者の一人、坂野惇子さんをモデルにしたヒロイン・すみれの物語。戦後、焼け跡となった神戸で、娘や女性のために、子供服作りにまい進するヒロインと家族の姿が描かれている。

 第9週「チャンス到来!」は、終戦から3年、「キアリス」も新聞に取り上げられるところまで成長し、紀夫(永山絢斗さん)と潔(高良健吾さん)は、大急百貨店の社長・大島が、キアリスの商品を扱いたいと思っていることを知り、すみれも店の本当の姿をもっと世間に伝えたいと、いったんは百貨店への出店を決める。だが、さまざまな条件が出され、商品の品質を守るため、すみれは断ることにする……という展開だった。

写真を見る全 5 枚

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

PHOTO

このページのトップへ戻る