MANTANWEB(まんたんウェブ)

逃げ恥:今夜ついに最終回 平匡&みくりが出した答えとは…

マンガ テレビ
ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」最終話の場面写真=TBS提供

 新垣結衣さんの主演ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ(逃げ恥)」(TBS系、火曜午後10時)の最終話「夫婦を超えてゆけ」が20日、15分拡大で放送される。星野源さん演じる平匡(ひらまさ)からのプロポーズを断ってしまったみくり(新垣さん)は、平匡のリストラが影響していることを知り、複雑な気持ちになる一方、副業のせいで次第に本職の主婦の仕事が手につかなくなり、平匡にもきつく当たってしまい……という展開。仕事としての結婚から始まり、近づいては離れるもどかしい関係が続いた2人が下す決断に注目だ。

 ドラマは、月刊マンガ誌「Kiss(キス)」(講談社)で連載中の海野つなみさんの同名マンガが原作で、新垣さん演じる「職ナシ」「彼氏ナシ」「居場所ナシ」の主人公・森山みくりが、恋愛経験のない独身サラリーマン・津崎平匡と契約結婚し、“訳ありの新妻”として生活を始めるラブコメディー。星野さんが歌う主題歌「恋」に合わせて、新垣さんらがキュートに踊る「恋ダンス」や人気番組の“パロディー”を盛り込んだ演出、津崎とみくりの可愛くてじれったい“ムズキュン”なやりとりで人気を集めている。

 最終話「夫婦を超えてゆけ」は、15分拡大のスペシャル版。第10話で平匡のプロポーズに対して、「私、森山みくりは“愛情の搾取”に断固として反対します」と断ってしまったみくりは、「せっかくのプロポーズを台無しにしたこざかしい女、見捨てられて当然なのだ。一度出てしまった言葉はなかったことにはできない……」と複雑な気持ちになる。

 また、みくりは親友の“やっさん”こと安恵(真野恵里菜さん)の誘いで副業を始めたことで、次第に本職である主婦の仕事が手につかなくなってしまい、心の余裕の無さから、優しい気遣いを見せる平匡にもきつく当たってしまう。一方、17歳の年の差がある百合(石田ゆり子さん)に、自分の本当の気持ちを伝えた風見(大谷亮平さん)。その告白を受け、戸惑いを隠せない百合はあることを心に決める。

 雇用主と従業員という、仕事としての結婚から始まった2人の夫婦生活。ハグをして、恋人になり、じれったい“ムズキュン”な関係が続いたが、果たして2人に訪れる結末は? 百合ちゃんと風見は? 最終回は最後の最後まで目が離せない展開になりそうだ。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る