MANTANWEB(まんたんウェブ)

山寺宏一:鈴木亮平とまさかの“銭形コラボ”実現 ドラマ「銭形警部」で爆弾犯役

アニメ マンガ テレビ
アニメ版で銭形警部の声を務める山寺宏一さん(左)と、ドラマ版で銭形警部を演じる鈴木亮平さん

 アニメ「ルパン三世」の人気キャラクター・銭形警部の声を務める声優の山寺宏一さんが、2月放送のスペシャルドラマ「金曜ロードSHOW!銭形警部」(日本テレビ系)に出演していることが明らかになった。ドラマ版で銭形警部を演じる鈴木亮平さんとも対面。「とにかく銭形の声を引き継いだ者として、銭形の世界が広がることはうれしくてたまりません。鈴木さんの演技を見て、今後の銭形の役作りのヒントにするかも!」と語っている。

 今回のドラマ版で爆弾犯を演じる山寺さんは、鈴木さんが銭形役でドラマ化されるということに「『なんて素晴らしいキャスティングだ! 早く見てみたい』と思っていました。まさか自分が出演することになるとは。しかも爆弾犯なんて! ワクワクが止まりませんでした」とコメント。

 一方の鈴木さんもアニメ版の“山寺銭形”について「(前任の)納谷悟朗さんの声を半分くらい取り入れつつ、山寺さん独自の銭形警部と上手にミックスして、新しい銭形像を作り上げているバランス感覚が素晴らしい」と絶賛。「同じ『銭形警部』を引き継いだプレッシャーを持つ者同士ということで、勝手に親近感を持っていてお会いしたかった」と話す。

 今回念願かなっての対面となったが、鈴木さんは山寺さんについて「とにかく声が渋くて、ダンディーでカッコよかったです。まさに『銭形だ』って興奮しました」とコメント。また、「『(国民的キャラクターのため)銭形警部を演じることがプレッシャーなんです』と相談した際、『自分もプレッシャーだったし、納谷さんの声に影響されているので、まねをすることを恐れず新しい銭形警部を作っていけばいいんじゃない』とアドバイスを受け、山寺さんも通った道なんだとすごく気が楽になりました」と語った。

 山寺さんも鈴木さんについて「まさに若き日の銭形警部だと。人間的にも俳優としてもスケールの大きさを感じました」とコメント。銭形警部を演じる上では“先輩”にあたるが「アドバイスなんてとんでもない!」と話し、納谷さんから声を引き継いだ時に大きなプレッシャーを感じたことや無理に似せようとし過ぎてのどをつぶした思い出などを語ったという。

 ドラマは、日本テレビとWOWOW、ネット動画配信「Hulu(フールー)」の共同制作で、鈴木さん演じる頑固で正義感の強い銭形警部がさまざまな難事件を解決していくオリジナルストーリー。警視庁国際捜査課のエリート警部・銭形(鈴木さん)と、部下の桜庭夏希(前田敦子さん)と国木田晋太郎(三浦貴大さん)が連続爆破事件に挑む姿を描く。2月10日午後9時から放送。また、Huluでも同日から「銭形警部 真紅の捜査ファイル」と題した全4話のストーリーを配信。WOWOWでは同19日午後10時から「連続ドラマW 銭形警部 漆黒の犯罪ファイル」を放送する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る