MANTANWEB(まんたんウェブ)

花澤香菜:ゴジラに親近感 「ミニラに似てると言われていた」

アニメ 映画
「アニメジャパン2017」の「GODZILLA」スペシャルステージに登場した(左から)諏訪部順一さん、花澤香菜さん、宮野真守さん、櫻井孝宏さん、杉田智和さん、梶裕貴さん

 声優の花澤香菜さんが26日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の「AnimeJapan(アニメジャパン)2017」の「GODZILLA」スペシャルステージに登場。11月公開の劇場版アニメ「GODZILLA -怪獣惑星-」のヒロインで、主人公とともに育った日本人のユウコ・タニ役の声を演じる花澤さんは、「(怪獣の)ミニラに似ているって小さいころから言われていて、すごくゴジラに対して親近感が湧いていたんです」と明かして場を沸かせ、「そんなゴジラに関われて、とてもテンションが上がっています」と語った。

 イベントには、花澤さんのほか、主人公・ハルオの声を務める宮野真守さん、異星人でハルオの良き理解者でもあるメトフィエス役の櫻井孝宏さん、環境生物学者のマーティン・ラッザリ役の杉田智和さん、ハルオに畏敬の念を抱く若手士官のアダム・ビンデバルト役の梶裕貴さん、異星人のムルエル・ガルグ役の諏訪部順一さんが出席した。

 「GODZILLA -怪獣惑星-」は、2万年もの間、地球に君臨し続けてきたゴジラと人類の因縁の物語。怪獣や怪獣をも駆逐するゴジラが出現し、人類は半世紀にわたる戦争の末に地球脱出を計画。2048年、人工知能による選別を受けた人間だけが恒星間移民船で11.9光年のかなたにある「くじら座タウ星e」を目指すが、そこは人類が生存可能な環境ではなく、ハルオは地球を目指して帰還するが、2万年の歳月が経過した地球は、ゴジラを頂点とした生態系による未知の世界となっていた……という内容。

 「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」などの静野孔文さんと「シドニアの騎士 第九惑星戦役」「亜人」などの瀬下寛之さんが監督を務め、「魔法少女まどか☆マギカ」「Fate/Zero」などの虚淵玄(うろぶち・げん)さんがストーリー原案と脚本を担当。「シドニアの騎士 第九惑星戦役」「亜人」などのポリゴン・ピクチュアズが製作する。3部作で第1章は11月公開。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る