ジャニーズWEST:「炎の転校生 REBORN」ドラマ化で“全員主演” Netflixで今冬配信

マンガ「炎の転校生」1巻の表紙(C)島本和彦/小学館
1 / 2
マンガ「炎の転校生」1巻の表紙(C)島本和彦/小学館

 男性7人組アイドルグループ「ジャニーズWEST」が、今冬にNetflixで配信されるドラマ「炎の転校生 REBORN」で、全員が主演を務めることが明らかになった。メンバーの重岡大毅さんは「力を合わせて、フレッシュな僕たちのパワーあふれる作品をたくさんの方に届けたいです!」と意気込みを語っている。

 ドラマは「週刊少年サンデー」(小学館)で1983年から85年まで連載された島本和彦さんのマンガ「炎の転校生」を、新たな作品としてよみがえらせる。映画「デトロイト・メタル・シティ」「神様はバリにいる」の李闘士男監督がメガホンを取る。全8話で、今冬にNetflixで全世界配信される。

 物語は、かつて「炎の転校生」と呼ばれた男・滝沢昇が校長を務める謎のエリート校「種火学園」に、7人の転校生が現れるところから始まる。7人は、全員、名前が駆(かける)という共通点をもち、全国の問題がある学校に転校生として忍び込み、学校を内部から改善する極秘ミッションが与えられる。彼らはやがて、ナンバーワンの「炎の転校生」を目指しバトルを繰り広げる……というストーリー。

 今回の主演についてジャニーズWESTのメンバーがコメントし、重岡さんは「このドラマをきっかけに「ジャニーズWEST」というグループ名を、まだ知らない方に知っていただくいいチャンスだと思います」と話し、桐山照史さんは「7人で出演させていただける事が本当にうれしいです! ジャニーズWESTだからこそ出せる空気感やコミカルなところを皆さんに楽しんでいただけるように頑張ります」と意気込みを語っている。

 中間淳太さんは「ヤル気もまさに炎のごとくメラメラしています。原作の世界に皆様を誘えるよう『笑い』に力を注いでいきたいと思っています」とコメント。神山智洋さんは「普段の仲の良さや楽しい空気感が生きるよう一致団結して面白く、楽しく、素晴らしい作品にしたいと思います」と作品への思いを語った。また藤井流星さんは「監督も僕たちも関西出身なので、見ていただく皆様にたくさん笑ってもらう事はもちろん、初めて見るような新しいドラマになるよう精いっぱい頑張ります!!」とコメントしている。

写真を見る全 2 枚

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る