MANTANWEB(まんたんウェブ)

小栗旬:酔って巨匠・木村大作を呼び捨てに

映画
映画「追憶」の舞台あいさつに登場した小栗旬さん

 俳優の小栗旬さんが4日、東京国際フォーラム(東京都千代田区)で開かれた映画「追憶」(5月6日公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。「鉄道員(ぽっぽや)」の“コンビ”でもある降旗康男監督と、カメラマンの木村大作さんの巨匠2人と酒を酌み交わして映画談義をしたという小栗さんだが、木村さんから「旬ちゃん(小栗さん)はお酒を飲むと『大作』と呼び捨てにするんです。僕はニコニコしているけど」と暴露された。小栗さんが即座に「尊敬してます!」と切り返してごまかすと、長澤まさみさんらも「尊敬してます」とフォローし、仲の良さをうかがわせていた。

 舞台あいさつと、先だって行われた会見には、小栗さんと木村さん、降旗監督、長澤さんのほかに、人気グループ「V6」の岡田准一さん、柄本佑さん、木村文乃さん、安藤サクラさん、吉岡秀隆さんも登場した。

 木村大作さんは、岡田さん、小栗さん、柄本さんの3人を「『じゅんちゃん』『しゅんちゃん』『たすく』と呼び合う仲になっていました。でも『じゅんちゃん』『しゅんちゃん』を(似ているので撮影現場で)言い間違えていました」と話して、会場を沸かせていた。2人の巨匠と小栗さんらの“酒宴”について、安藤さんは「その光景を見ていたのが宝物。これが男のダンディズムかな。うらやましかった」と明かしていた。

 「追憶」は、幼少期をともに過ごした少年3人が一つの殺人事件を通して刑事、容疑者、被害者という形で再会し、心にふたをしていた忌まわしい過去と向き合う……というオリジナルストーリーのヒューマンドラマ。富山県警捜査1課に所属する刑事・四方篤(岡田さん)は、少年時代に家族のような日々を送っていた旧友・川端悟(柄本さん)が遺体となった姿で再会する。捜査が進み浮かび上がった容疑者は、ともに少年時代を過ごした田所啓太(小栗さん)で、四方は封印したはずの忌まわしい過去と向き合う……という内容。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る