MANTANWEB(まんたんウェブ)

CRISIS:初回視聴率13.9%の好発進 小栗旬&西島秀俊のアクションエンタメ

テレビ
連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」に出演している小栗旬さん(左)と西島秀俊さん

 俳優の小栗旬さん主演の連続ドラマ「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(関西テレビ・フジテレビ系、火曜午後9時)の初回が11日、15分拡大で放送され、平均視聴率は13.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

 ドラマは、直木賞作家の金城一紀さんが原案と脚本を手がけ、小栗さんと西島秀俊さんが民放ドラマで初共演するアクションエンターテインメント。小栗さん演じる元自衛隊員の稲見朗や、西島さん演じる元外事警察の田丸三郎ら各分野のスペシャリストが結集した秘密部隊「公安機動捜査隊特捜班」の5人が、国家に危機をもたらす政治的事件やテロを秘密裏に捜査し、解決を図る。

 元警視庁捜査1課の刑事で取り調べが得意な特捜班班長の吉永三成を田中哲司さん、元機動隊爆発物処理班で、嗅覚が鋭く「共感覚」という特殊能力を持つ捜査員の樫井勇輔を野間口徹さん、捜査員の元ハッカーでサイバー情報分析のスペシャリスト・大山玲を新木優子さんが演じているほか、長塚京三さん、石田ゆり子さん、飯田基祐さん、眞島秀和さん、野崎萌香さんらも出演している。

 第1話は、過去に薬物や傷害などの罪を犯し、親の権力によって逮捕を免れてきた外務大臣の息子の圭介(白洲迅さん)が、首に爆弾を仕掛けられた状態で発見される。犯人は、息子の罪を隠してきた外務大臣に、ニュース番組での公開謝罪を要求。稲見ら公安機動捜査隊特捜班は、犯人特定を急ぐ……という展開だった。

テレビ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る