MANTANWEB(まんたんウェブ)

AKB48小栗有以&久保怜音:劇場公演Wセンターに意気込み 「輝けるメンバーになりたい」

アイドル

 アイドルグループ「AKB48」の劇場公演「あおきー『世界は夢に満ちている』」の公開ゲネプロが16日、初回公演を前に行われ、ダブルセンターを務める同グループの小栗有以さんと久保怜音さんらが登場した。ゲネプロ後の会見で、小栗さんは「この2人でダブルセンターとして、この公演でもっともっと成長して、前田敦子さんや大島優子さんという先輩を超えられるような自信や実力をもっともっとつけていって、輝けるメンバーの1人になりたいと思います」と意気込んだ。

 「世界は夢に満ちている」は、「FLASHスペシャル」(光文社)の編集長を務める“あおきー”こと青木宏行さんがプロデュースする公演で、この日は小栗さん、久保さんのほか、谷口めぐさん、樋渡結依さん、市川愛美さん、湯本亜美さん、後藤萌咲さん、達家真姫宝さん、福岡聖菜さん、村山彩希さん、長久玲奈さん、西川怜さん、千葉恵里さん、田口愛佳さん、武藤小麟さん、山内瑞葵さんが出演。同グループの15期生、16期生、チーム8所属のメンバーを中心とした“次世代メンバー”が選抜された。

 ゲネプロでは、谷口さんが「この公演のメンバーの平均年齢を計算したら16.1歳でした。AKB48の未来につないでいくような公演にしたいです」と意気込み、メンバーたちは「チャンスの順番」や「LOVE TRIP」などのシングル曲や、「SKE48」の公演曲「ウィンブルドンへ連れて行って」などアンコールを含め全16曲を披露した。

 この日の会見には谷口さん、村山さん、山内さん、長さんと、青木さんも出席。青木さんは「世界の注目が集まる2020年の東京五輪を見据えてこのメンバーを選びました」と明かすと、久保さんは「今回ダブルセンターに選んでいただいて、青木さんがおっしゃったように東京五輪のころには、AKB48の顔になれるようになりたいです」と意欲を見せていた。

アイドル 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る