MANTANWEB(まんたんウェブ)

アニメ質問状:「恋と嘘」 感情表現を丁寧に オリジナルストーリーに注目

アニメ マンガ
テレビアニメ「恋と嘘」の一場面(C)ムサヲ・講談社/政府通知普及委員会

 話題のアニメの魅力をクリエーターに聞く「アニメ質問状」。今回は、ムサヲさんのマンガが原作の「恋と嘘」です。アミューズの竹内崇剛プロデューサーに作品の魅力を語ってもらいました。

 ――作品の概要と魅力は?

 16歳になると、政府から結婚相手が通知指名される世界での恋のお話です。もしかしたら、こういう世界もあるのかもしれないと思えるほど、リアルな高校生の日常が描写されていて、思わずのめり込んでしまうストーリーが魅力です。また、2人のヒロインの可愛さも大きな魅力となっています。

 ――アニメにするときに心がけたことは?

 登場人物がそれぞれ、人には言えない嘘(うそ)をついています。その嘘は、いろいろな感情に基づいているので、その感情表現を描くのは大変でした。作画もそうですが、声優さんの演技も含めて、宅野(誠起)監督には丁寧に演出をしていただきました。

 ――作品を作る上でうれしかったこと、逆に大変だったことは?

 うれしかったことは、海外での評判がよいということを聞いたことです。ムサヲ先生による本作品の設定は、どこの国でも通用する(共感される)内容だと、改めて感じました。両ヒロインの可愛さも同様ですが。

 大変だったことは、原作がまだ完結していないので、最終回に向けてのストーリーを、アニメ用に作らなないといけなかったことです。ストーリー作成には、かなり時間をかけました。

 ――今後の見どころを教えてください。

 もう最終回を迎えてしまいますが、アニメオリジナルのストーリーとなっているので、そこが大きな見どころですね。

 ――ファンへ一言お願いします。

 この作品の政府通知によって結婚相手が決められてしまう世界については、賛否両方の意見があり、すごく盛り上がる設定となっています。

 また、両ヒロインのどちら派か? そして、誰がどんな嘘をついているのか?など、お友達と意見交換をしながら見ていただければ、さらに楽しい作品だと思っております。

アミューズ 製作プロデューサー 竹内崇剛

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る