MANTANWEB(まんたんウェブ)

田野優花:石橋杏奈のAKB48ダンスを大絶賛 「完成度高かった!」

映画 アイドル
映画「リンキング・ラブ」完成披露舞台あいさつに登場した「AKB48」の田野優花さん

 アイドルグループ「AKB48」の田野優花さんが2日、東京都内で行われた初主演映画「リンキング・ラブ」(金子修介監督、28日公開)の完成披露舞台あいさつに登場した。映画出演も初めての田野さんは「撮影が始まるギリギリまでドッキリなんじゃないかって。映画初出演、初主演という大きな仕事をいただけたことが信じられなかった」と笑顔で語った。バブル時代にタイムスリップする役どころで、「バブル時代に行けたら? ボディコンを着てみたい。(自分の)顔の濃さ的に似合うと思う。(扇子も)持ってみたい!」とノリノリだった。

 「リンキング・ラブ」は、萩島宏さんの同名ネット小説を実写映画化。両親の離婚危機に直面した女子大生の美唯(田野さん)が、バブル時代末期の1991年にタイムスリップして、若き日の両親(石橋杏奈さん、白洲迅さん)と出会い、二人の恋愛を成就させるべく、その時代にAKB48の楽曲を持ち込んで、アイドル・グループASG16を母親たちと結成する……という奇想天外なストーリー。

 クライマックスでは、「フライングゲット」「恋するフォーチュンクッキー」といったAKB48の楽曲を田野さんや石橋さんらが披露しており、ダンスシーンについて石橋さんは「難しかったです。ダンスしながら歌って、フォーメーションの動きとか、人とぶつかってしまったり。レッスンの途中から田野さんが参加することになっていたので、それまでに仕上げようって頑張ってました」と振り返ると、途中から参加した田野さんは「完成度が高かった。現役(のメンバー)よりすごいと思いました。皆さん、女優さんだから表現力もすごかった」と大絶賛していた。

 舞台あいさつには、田野さん、石橋さん、白洲さん、加藤諒さん、金子監督も出席。4人組ロックバンド「Thinking Dogs」も登場して、主題歌「Oneway Generation」を生歌唱した。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る