MANTANWEB(まんたんウェブ)

池田エライザ:神聖な弓道場でのキスシーンに「悪いことしてるような気持ちに…」

映画 マンガ
映画「一礼して、キス」の完成披露先行上映会に登場した池田エライザさん

 モデルで女優の池田エライザさんが3日、東京都内で行われた映画「一礼して、キス」(古澤健監督、11月11日公開)の完成披露先行上映会に登場した。弓道をテーマにした映画で主人公の岸本杏を演じた池田さんは、劇中のキスシーンについて、「弓道場っていうとても神聖な場所で、道場に入るときも礼をして、神棚にも一礼するんですけど、そんなところでキスしちゃうって」と撮影時を振り返り、「悪いことしてるような気持ちになっていました」と語っていた。

 この日は、杏に恋する後輩の弓道部員役を演じた中尾暢樹さんのほか、前山剛久さん、結木滉星さんも出席。この日は全員道着姿で登場し、池田さんは「気持ちがスッとする。撮影期間中にもずっと着ていたので、ホッとします」と笑顔を見せた。

 映画には“壁ドン”や“バックハグ”など胸キュンなシーンが登場するということで、イベントでは中尾さんら男性陣が“実演”。決めぜりふを言うたびに集まったファンから黄色い歓声を浴びていた。

 映画は、少女マンガ誌「ベツコミ」(小学館)に連載している加賀やっこさんの同名マンガが原作。6年間弓道に打ち込んでいた高校3年生の岸本杏は、次期部長に、練習はほとんどしないが大会で優勝してしまう後輩・三神曜太(中尾さん)を指名する。そこで、三神は杏にあるお願いをするが……という展開。杏の弓道をする姿に恋をした三神のいちずな片思いが描かれる。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る