MANTANWEB(まんたんウェブ)

モブサイコ100:濱田龍臣主演で実写ドラマ化 “超能力バトルシーン”が見どころ

マンガ テレビ
2018年1月スタートのドラマ「木ドラ25『モブサイコ100』」で主演を務める濱田龍臣さん

 「ワンパンマン」などのONEさんのマンガ「モブサイコ100」が、俳優の濱田龍臣さん主演で実写ドラマ化されることが17日、明らかになった。テレビ東京が動画配信サービス「Netflix(ネットフリックス)」とタッグを組んで発信する木曜深夜ドラマ枠「木ドラ25」の第4弾として、2018年1月から放送される。濱田さんは主人公の超能力少年・影山茂夫(通称・モブ)を演じる。

 マンガは、小学館のマンガアプリ「マンガワン」で連載中で、自己表現が苦手で超能力を封印している影山茂夫と、彼を取り巻く人々や出来事などが描かれている。16年7~9月にテレビアニメも放送された。ドラマは「ウルトラマンジード」などの坂本浩一さんが監督を務める。

 濱田さんは、「さえないけれど、とてもひたむきで純粋なモブをどのように演じていこうか今からわくわくしています。モブを取り囲む個性豊かなキャラクターや悪霊たちも含め、どんなふうに作品が仕上がっていくか、これからの撮影がとても楽しみです!」とコメントを寄せている。

 また、プロデューサーの小林史憲さんは「原作でまず目を引くのは、すさまじい迫力の超能力バトルシーン。今回、ドラマでもそこに一番力を入れています。特撮やVFXを駆使して、原作に負けないスケール感を目指しています。また、原作が面白いのは、激しいバトルシーンの裏で主人公モブの成長がしっかりと描かれているところだと思います。誰でも経験したことがあるような、思春期の悩みや葛藤。自分にはない能力や強さへの憧れ。そうした青春物語としての面白さを大切にして、実写ドラマならではのよりリアルな描写にできればと考えています」と語っている。

 「木ドラ25『モブサイコ100』」は18年1月から毎週木曜深夜1時放送。

マンガ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る