MANTANWEB(まんたんウェブ)

宮野真守:アニメ版「ゴジラ」公開に感無量 花澤香菜がネタバレ制止

アニメ 映画
劇場版アニメ「GODZILLA 怪獣惑星」の舞台あいさつに登場した宮野真守さん(左)と花澤香菜さん

 怪獣映画「ゴジラ」の初の劇場版アニメ「GODZILLA 怪獣惑星」(静野孔文監督・瀬下寛之監督)の舞台あいさつが18日、TOHOシネマズ新宿(東京都新宿区)で行われ、声優の宮野真守さん、花澤香菜さんが登場した。17日に公開初日を迎え、主人公のハルオ・サカキ役の宮野さんは「本当にうれしいです。感無量です。携わらせていただけることがうれしい。ハルオから、人として大事なものをいただけました」と喜びを語った。

 アニメは全3章で「GODZILLA 怪獣惑星」は第1章にあたるが、音声を先に収録するプレスコは終わっているといい、宮野さんが今後の展開について「ああ、知ってますよ。言いましょうか!」と叫ぶと、花澤さんが「ダメ!」と制止する場面もあった。舞台あいさつには、静野監督、瀬下監督、ストーリー原案と脚本を担当した虚淵玄(うろぶち・げん)さんも登壇した。

 アニメは、2万年もの間、地球に君臨し続けてきたゴジラと人類の因縁の物語が描かれている。「名探偵コナン 純黒の悪夢(ナイトメア)」などの静野さんとアニメ「亜人」などの瀬下さんが監督を務め、「シドニアの騎士」「亜人」などのポリゴン・ピクチュアズが製作する。第2章「GODZILLA 決戦機動増殖都市」が2018年5月に公開される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る