MANTANWEB(まんたんウェブ)

木村多江:来年は“薄幸”女優を返上へ「ハッピーな笑いを提供できる役を」 

芸能
「VOGUE JAPAN Women of the Year 2017」授賞式に出席した木村多江さん

 女優の木村多江さんが、ファッション誌「VOGUE JAPAN(ヴォーグ・ジャパン)」(コンデナスト・ジャパン)が「今年、さまざまな分野で圧倒的な活躍を見せた女性たち」に贈る「VOGUE JAPAN Women of the Year 2017」に選ばれ、24日に東京都内で行われた授賞式に出席した。木村さんは「このような華やかな賞をいただいて光栄ですし、うれしく思います」と受賞を喜んだ。来年の抱負を「今年も『薄幸だ』と皆さんに言っていただいて、そういう役をたくさんやらせていただいるんですけど、来年はハッピーな笑いを提供できるようなそういう役もやりたい」と意気込んだ。

 木村さんは受賞あいさつで「役者は業(ごう)が深くて、欲望の中で芝居をしたくてしていて、ぬるま湯につかったような芝居をしてしまう怖さもある」と話し、「怖さを改めてしっかりと持ってちゃんとした芝居をしていきたい。『木村多江、芝居なめんなよ』と自分に言い聞かせて、またこの賞に恥ずかしくない自分として新たな一歩を踏み出したい」と決意を語った。さらに「ブリリアンさんにエスコートしてもらったので、『WithB』ってやりたかった。やれなかったので後でやらさせていただきます」とおちゃめな面も見せ、周囲の笑いを誘った。

 「VOGUE JAPAN Women of the Year」は、今年で13回目。今年は、木村さんのほか、お笑いタレントのブルゾンちえみさん、女優の吉岡里帆さん、SONOYA MIZUNO(そのや・みずの)さん(欠席)、音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」のコムアイさん、振り付け師のMIKIKO(みきこ)さん、冒険家の南谷真鈴さん(欠席)、作家の恩田陸さんも受賞した。

 「VOGUE JAPAN」が国内外のファッションシーンで活躍する新世代女性を応援するために贈る「Rising Star of the Year 2017」は、デザイナーのYOON(ゆん)さんが受賞。MCを担当したハリー杉山さん、ブルゾンちえみさんのバックの“WithB”ことお笑いコンビ「ブリリアン」の2人も登場し、受賞者たちを会場にエスコートした。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

最新記事

まとめタグ

このページのトップへ戻る