MANTANWEB(まんたんウェブ)

大泉洋:映画公開初日にアルバイト? 「新幹線で行ってるんで大赤字」

映画
映画「探偵はBARにいる3」初日舞台あいさつに登場した大泉洋さん

 俳優の大泉洋さんが1日、東京都内で開催された映画「探偵はBARにいる3」(吉田照幸監督)の初日舞台あいさつに登場した。この日の舞台あいさつの前に映画のプロモーションの一環で静岡県の映画館でアルバイトを行ったという大泉さんは「朝から行ってきた。時給ももらえた。830いくら。交通費ももらえたんですけど。100円なんですよ。私新幹線で行ってるんで大赤字でしたね」とぼやきつつ、「働いて得るお金というのはすがすがしいものがございまして、やってよかったと思う」と笑みを浮かべた。

 劇中で依頼を解決する探偵という役柄にちなんで、全国の映画館からツイッターで“探偵への依頼”を募集したところ、同映画館から「アルバイトのシフトが足りない」との依頼があり、大泉さんは2時間ほどアルバイトを行ったという。

 舞台あいさつで大泉さんは、アルバイトの様子を写真でシーンごとに説明。劇場ではパンフレット販売や館内アナウンスなども行ったといい、「盛り上がりがすごくて、あんなに『ワー』『キャー』と言われたのは久しぶりだった。行ってよかった」と語っていた。

 この日のイベントには大泉さんのほか、松田龍平さん、北川景子さん、前田敦子さん、志尊淳さん、鈴木砂羽さん、吉田監督も登場した。

 「探偵はBARにいる」は、札幌市出身の作家、東直己さんの「ススキノ探偵シリーズ」(ハヤカワ文庫)が原作。札幌ススキノを舞台に、その街の裏も表も知り尽くした“探偵”の活躍を描いており、2011年に「探偵はBARにいる」が、13年に「探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点」がそれぞれ公開された。今作では、人捜しの依頼を受けた探偵(大泉さん)と相棒の高田(松田さん)が、失踪した女子大生について調べていくうちに、モデル事務所の美人オーナー、マリ(北川さん)と出会う。謎に包まれたマリに翻弄(ほんろう)される探偵たちは、やがて大事件に巻き込まれていく……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る