MANTANWEB(まんたんウェブ)

MD松尾のヒット解析:「ディシディアFF」が首位 CM効果で「マリオ+ラビッツ」品薄か

ゲーム

 TSUTAYAで加盟店にゲームソフトの商品提案をしているマーチャンダイザー(MD)の松尾武人さん。バイヤー歴10年以上の松尾さんは、その経験からソフトの特徴に合わせた商品展開を得意としている。ベテランバイヤーがヒットの流れを解析し、今後の動きを予想する。

 新作の「ディシディア ファイナルファンタジー(FF) NT」(PS4、スクウェア・エニックス)が初登場首位を獲得しました。お年玉商戦も終わり、3連休後という需要が落ち込むタイミングにもかかわらず好調な売れ行きだったのはさすがFFといえるでしょう。変わらずニンテンドースイッチのタイトルも好調でした。

 ◇今週の動き

 新作の「マリオ+ラビッツ キングダムバトル」(NS、任天堂)がトップでしょう。CMの効果も手伝ってものすごく予約が入っています。ひょっとすると一部で品薄になってしまうかもしれません。続くのはこちらも新作の「銀魂乱舞」(PS4・Vita、バンダイナムコエンターテインメント)か。大ヒットマンガのゲームですが、久しぶりのゲーム化で、なおかつこれまでとは異なるアクション系ということでヒットするのでは。

 ◇ランキングは次の通り(8~14日・TSUTAYA調べ・限定版含む)

1位 ディシディア ファイナルファンタジー NT(PS4)
2位 スプラトゥーン2(NS)
3位 マリオパーティ100 ミニゲームコレクション(3DS)
4位 マリオカート8 デラックス(NS)
5位 スーパーマリオ オデッセイ(NS)
6位 地球防衛軍5(PS4)
7位 ポケットモンスター ウルトラサン(3DS)
8位 ポケットモンスター ウルトラムーン(3DS)
9位 コール オブ デューティ ワールドウォーII(PS4)
10位 1-2-Switch(NS)

 ◇プロフィル

 松尾武人(まつお・たけと) TSUTAYAゲームリサイクル企画グループ リーダー

 「GAME TSUTAYA」加盟約550店に新作ゲームの商品提案をするマーチャンダイザー。1996年から家電量販店でゲームのバイヤーを担当。2002年にTSUTAYA入社後も一貫してバイヤーの道を歩んできた。ネオジオCDを2台購入したほどの格闘ゲーム好きだったが、現在は携帯版ドラクエなどで遊ぶ日々が続いている。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る