MANTANWEB(まんたんウェブ)

林原めぐみ:VRプラネタリウムの魅力語る 役作りでSiri参考も…

アニメ
「MEGASTAR JOURNEY」のキャラクターの声を務める林原めぐみさん(左)と小山力也さん

 27日から東京タワーで行われるVRプラネタリウムイベント「MEGASTAR JOURNEY(メガスター・ジャーニー)Powered by ABAL」。劇中に登場するキャラクターの声を務める人気声優の林原めぐみさんがコメントを寄せた。

 「MEGASTAR JOURNEY」は、プラネタリウム・クリエーターの大平貴之さんが企画監修を務めた、VRを使ったアトラクション型プラネタリウム。開業60周年を迎えた東京タワーの地下で、宇宙空間への光速移動を実現できる「時空エレベーター」が発見されたというストーリー仕立てで、宇宙空間に飛び出して全身で星の海を感じたり、青く輝く地球を眺めながら月面を散策したりと、自らの足で広大な宇宙を旅する体験ができる。人気声優の林原さんと小山力也さんがキャラクターの声を担当している。

 今回林原さんが演じたのは「時空エレベーター」に搭乗した体験者を宇宙へと導く時空エレベーターガールでアンドロイドの「E-01(エリカ)」。林原さんは「VRコンテンツの制作部分に直接参加しているわけではないので、実際にどうなるかという技術面は想像しながら、E-01(エリカ)がどういう存在なのかというところに集中しました。彼女の性質と性格を把握してしまえば普通のラジオドラマやアニメのアフレコと変わりはなかったですね」と語る。

 林原さんは、演じるにあたってあらかじめGoogleアシスタントやSiriといった音声アシスタントを聞いて“予習”。「言葉の間が空いたブツッという感じや、ワードとワードをそのままくっつけたような感じを自分の中で作っていました」と語る。ところが「機械的なしゃべり方を取り入れようと思ったら、収録の時は、既に進化している技術として、人間っぽくしゃべってほしいと言われてしまい、あら残念っと。3秒でGoogleとSiriを捨てました(笑い)」。「けれどよく考えてみたらみんなをいざなわないといけないキャラクターなので、タドタドしさに引き込んでいる場合じゃないのかなと思いましたね」と振り返る。

 「名探偵コナン」など他の作品での共演経験もある小山さんについては、林原さんは「お会いする前に『24 -TWENTY FOUR-』のジャック・バウアーの役で小山さんを知ってしまっていたので、いでたちがスッとされていることもあって、勝手なイメージですが近寄りがたい人なのかなと思っていました(笑い)」とコメント。「けれど一緒にお仕事をすると、しっかりしているけれど面白い人なのがわかりました。『名探偵コナン』の毛利小五郎の役をやられている時は、必死に演じられているように見えて、ご本人はどこか楽しそうだったり(笑い)」と話す。

 小山さんは林原さんの役作りに対する真摯(しんし)な姿勢などをリスペクトしていると話すが、林原さん自身は「そうしないと自分が保てないから、必死にそうしているのだと思います」と明かす。収録の時にも林原さんは「エリカは恐怖を感じますか?」とスタッフに質問するなど役への思いは強いが、「理屈っぽいだけです。自分を納得させないとワードにできない、うまく音声にできないんです」と笑う。

 「今後VRをいろいろなところで目にしていくと思いますが、VRがエンターテインメントとして、スタンダードになるかどうかの瀬戸際にいると思っています」と語る林原さん。「この先どうなるかわからないものに対して、まずその入り口を体験しておくというのは、とても貴重だと思います。3Dポリゴンの格闘ゲームのように、これを世に出そうっていうエネルギーは、もしかしたらこのメガスター・ジャーニーが最大かもしれない。まずは、第1エンジンであるこれを味わっておくべきだなと思います」と呼びかけている。

 ◇

 「MEGASTAR JOURNEY」は東京タワーホール(東京都港区)で27日~4月9日に開催。営業時間は午前10時~午後9時で、休演日は東京タワーの営業に準ずる。チケット料金は、大人、子供共通で1800円。VR機器の性質上13歳以上推奨で、身長120センチ未満は体験できない。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る