渡辺麻友:AKB48卒業後初イベント 初主演ミュージカルに「全身全霊を注ぐ」

芸能
「GIORGIO ARMANI beauty」の阪急うめだ本店オープニングセレモニーに登場した渡辺麻友さん

 昨年、アイドルグループ「AKB48」を卒業した渡辺麻友さんが、14日に大阪・梅田の百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)で行われた、化粧品ブランド「GIORGIO ARMANI beauty(ジョルジオ アルマーニ ビューティ)」のオープニングセレモニーにスペシャルゲストとして出席した。同グループを卒業後、初めて出演するイベントで、今後の活動について聞かれると「5月に初主演のミュージカルもありますので、そちらに全身全霊を注ぎ、良いスタートになるよう日々努力していきたい」と語った。

 渡辺さんは現在23歳。12歳の頃から同グループで活動し、昨年の大みそかに出演した「NHK紅白歌合戦」でグループの活動を終えたことから「人生の半分はAKBとして生きてきました」といい、「先月からピタッと、AKBではない私自身としての生活が始まったので、最初はその生活リズムに慣れるのに時間がかかったりもしました。でも今は徐々にリズムをつかんできて、いろいろ新しいことにも挑戦していこうと思っています」と意気込んだ。写真共有アプリ「Instagram」の公式アカウントも開設したという。

 同ブランドは、イタリアの高級ブランド「ジョルジオ アルマーニ」の化粧品ライン。同ブランドの創立者でファッションデザイナーのジョルジオ・アルマーニさんが、渡辺さんのストイックさや芯の強さに感銘を受けたことから、今回、渡辺さんがゲストに選ばれた。

 渡辺さんは選出理由について「私の今までの活動を見て、評価していただいたということは心からうれしく思っています」と感謝。周囲から「完璧主義者」と言われることを明かし、「自分では、まだまだ完璧主義者には程遠いと思っています。ですが、歌やダンスだけではなく、見られ方とか、話し方とか私生活まで気をつけていたので、そういうところがストイックだったのかな」と振り返った。またアルマーニさんの「エレガンスとは目をひくものではなく、記憶に残り続けるもの」という言葉を引用して「私も皆様の記憶に残り続けるような、そんな女性、女優になっていけるように毎日精進してまいりたいと思います」と決意を語った。

芸能 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る