はねバド!:テレビアニメが7月スタート 日本バドミントン協会とコラボも

アニメ マンガ
「AnimeJapan 2018」のTOHO animationブースに登場したテレビアニメ「はねバド!」の声優陣(C)2018 濱田浩輔・講談社/「はねバド!」製作委員会

 「good!アフタヌーン」(講談社)で連載中の、女子バドミントンがテーマのマンガが原作のテレビアニメ 「はねバド!」が、7月からTOKYO MXほかで放送されることが分かった。アニメが日本バドミントン協会とコラボすることも分かった。24日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催されたアニメ展示会「AnimeJapan(アニメジャパン) 2018」のTOHO animationブースで発表された。

 TOHO animationブースには、メインヒロインの羽咲綾乃役の大和田仁美さん、荒垣なぎさ役の島袋美由利さん、バドミントン部のコーチを引き受ける立花健太郎役の岡本信彦さんが登壇。大和田さんは「バドミントンを通して、少女たちが成長していく物語です。皆さんも共感できる部分があると思いますので、たくさんの方に見ていただきたいと思っています」と語った。

 「はねバド!」は、運動神経抜群だが、なぜかバドミントンを避ける県立北小町高校1年生の羽咲綾乃、日本一を目指して日夜練習に明け暮れる3年生の荒垣なぎさ、バドミントン部を支える仲間やコーチ、ライバルの活躍を描いている。2013年に「good!アフタヌーン」で連載が始まった。アニメは、「モンスターストライク THE MOVIEはじまりの場所へ」などの江崎慎平さんが監督を務め、「アルスラーン戦記」などのライデンフィルムが制作する。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る