黒沢ともよ:“おじさま”たちとの共演に大感激「本当のイケメンって…」

アニメ
「宇宙戦艦ヤマト」の最新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第5章「煉獄(れんごく)篇」の上映記念舞台あいさつに登場した(左から)羽原信義監督、福井晴敏さん、内山昂輝さん、山寺宏一さん、神谷浩史さん、高垣彩陽さん、黒沢ともよさん、中村繪里子さん

 人気アニメ「宇宙戦艦ヤマト」の最新作「宇宙戦艦ヤマト2202 愛の戦士たち」の第5章「煉獄(れんごく)篇」の上映記念舞台あいさつが26日、東京都内で行われ、市瀬美奈の声を担当した黒沢ともよさんら声優陣が登場。黒沢さんは「今まで、こんなに先輩方に囲まれて作品に携わることがなかったから、(声優の)おじさま方のカッコよさにやられてしまいまして……」と笑顔を見せ、「(アフレコ現場で)皆さまのカッコいい姿を端っこの方で(見ながら)、『本当のイケメンってこういうことなんだな』って思いながら……」と感激した様子で語った。

 「宇宙戦艦ヤマト2202」は、2012年公開の「宇宙戦艦ヤマト2199」の続編で、1978年に公開された「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」がモチーフ。小説「亡国のイージス」「機動戦士ガンダムUC」の福井晴敏さんがシリーズ構成と脚本を手がけている。全7章。第6章「回生篇」は11月2日に上映される。
 
 舞台あいさつには黒沢さん、アベルト・デスラー役の山寺宏一さん、クラウス・キーマン役の神谷浩史さん、ミル役の内山昂輝さん、藤堂早紀役の高垣彩陽さん、桐生美影役の中村繪里子さん、羽原信義監督、シリーズ構成の福井さんも出席した。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る