MANTANWEB(まんたんウェブ)

新作ゲーム紹介:「デトロイト」 最先端のCGの命をテーマにした物語  3体のアンドロイド視点で

ゲーム
「Detroit:Become Human」のゲーム画面(C)2018 Sony Interactive Entertainment Europe. Developed by Quantic Dream.

 3体のアンドロイドの視点を通して、命をテーマにしたストーリーが展開する「Detroit(デトロイト): Become Human」(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)がPS4で発売された。最先端のリアルなCG(コンピューターグラフィックス)で、プレーヤーの選択で物語の変化が楽しめる。

 アンドロイドの実用化で空前の繁栄を迎える一方で、貧富の差が拡大し、反アンドロイド感情も高まる2038年の米デトロイトが舞台。意思や感情を持たないはずのアンドロイドが、オーナーに反逆する事件が多発、子供を人質にとった立てこもり事件の発生を機に事態が動き始める。

 ゲームは3体のアンドロイドの視点で展開する。1体目は、家庭用アンドロイドだが、自分の意思があり、考える力を持った「変異体」のカーラ。2体目は、警察と共に「変異体」事件を担当する捜査官のコナー。3体目は、アンドロイドの自由を求める革命者のマーカスだ。登場キャラクターは実在の俳優をデジタル化して制作されており、感情のゆらぎが表情に反映されるなど、ゲームでは最高水準のCG技術が用いられている。

 父子家庭の家で働くカーラは、オーナーの父親が娘に暴力を振るう場面に遭遇する。オーナーの命令に従うことも、命令に逆らって娘を守ることも可能だ。こうした細かい選択の積み重ねを通して、物語が紡ぎ出され、物語が変化する。

Detroit: Become Human(PS4) CEROレーティングD(17歳以上対象) ソニー・インタラクティブエンタテインメント パッケージ版:6900円(税抜き) ダウンロード版:7452円(税込み) 5月25日発売

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る