MANTANWEB(まんたんウェブ)

横浜流星:“困ったワン!”のポーズを生披露 単独初主演作初日の心境も…

映画 マンガ
映画「兄友」の初日舞台あいさつに登場した横浜流星さん

 俳優の横浜流星さんが26日、東京都内で行われた主演映画「兄友」(中島良監督)の初日舞台あいさつに登場した。主人公の西野壮太役を演じている横浜さんは、劇中で友人の七瀬雪紘(古川毅さん)に命じられて、犬のコスプレで「困ったワン!」のポーズをとるシーンについて、「あのとき毅、めちゃくちゃ笑ってるんですよ」と裏話を披露。さらに横浜さんは、「他にもいろいろなパターンがあった」と明かし、その場でさまざまな「困ったワン!」ポーズを生披露。コミカルな動きで次々とポーズを繰り出し、観客を大いに沸かせた。

 今作が映画単独初主演となった横浜さんは、作品が公開初日を迎え、「普段から(舞台の)センターに立つことってないので……。ちょっとそわそわしますよね、自分が真ん中にいるのは。身が引き締まる思い」と心境を吐露。登壇した共演者たちからサプライズでメッセージをもらう場面もあり、横浜さんは「めちゃくちゃうれしいです。僕が主演として撮影期間、やっていけたのは、みんながすごく素直でいい子だったから。みんなに助けられました。感謝しています」と感激した様子。舞台あいさつには横浜さん、松風理咲さん、松岡広大さん、古川さん、小野花梨さん、中島監督が出席し、橘萩之介役を実写で演じた人気声優の福山潤さんからのビデオメッセージも紹介された。

 「兄友」は、少女マンガ誌「花とゆめ」(白泉社)で連載中の赤瓦もどむさんのマンガが原作。イケメンなのに女性に超奥手な壮太(横浜さん)はある日、友人の七瀬雪紘(古川さん)の自宅で妹のまい(松風さん)と出会う。壮太は、雪紘に思わず「妹さん……可愛いな」と伝えてしまうが、部屋は壁が薄く、まいはその言葉を聞いてしまう……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る