MANTANWEB(まんたんウェブ)

ゾイド:新シリーズ「ゾイドワイルド」のこだわり 人間とゾイドが“対話”できるように

アニメ
「東京おもちゃショー2018」で展示されている「ゾイドワイルド」

 タカラトミーの人気玩具「ゾイド」の新シリーズ「ゾイドワイルド」が、7日から東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催中の玩具見本市「東京おもちゃショー2018」(日本玩具協会主催)の同社ブースに展示されている。

 新シリーズと連動して、7月7日にはテレビアニメがスタートする。関係者は「ゾイドと人間が心を通わせていくアニメのストーリーと合わせて、玩具も人間が乗るコックピット部分をゾイドの頭の近くに配置して、対話がしやすいようにしています」とこだわりを説明した。

 新シリーズはそれぞれのゾイドに「ワイルドブラスト」という必殺技がある。また、「ゾイドは地中から発掘され、復元される」という世界設定になぞらえて、従来のプラモデルのように個々のパーツがランナーと連結されていないのも特徴で、骨(ボーン)、外装(アーマー)の順番に組み立てていく。ブースでは、各ゾイドの骨格状態やワイルドブラストを発動させた状態の玩具が展示されていた。

 ゾイドは、1983年からトミー(現タカラトミー)が販売する組み立て式の玩具。動物や恐竜をモチーフとした架空の兵器で、ゼンマイやモーターなどで駆動する。テレビアニメが7月7日からMBS・TBS系で毎週土曜午前6時半に放送される。

アニメ 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る