MANTANWEB(まんたんウェブ)

玉城ティナ:主演映画で独自の役作り 「マンガ一コマ一コマを撮影」

映画 マンガ
映画「わたしに××しなさい!」の初日舞台あいさつに登場した玉城ティナさん

 モデルで女優の玉城ティナさんが23日、東京都内で行われた主演映画「わたしに××しなさい!」(山本透監督)の初日舞台あいさつに登場。映画は遠山えまさんの同名マンガが原作で、玉城さんは演じた主人公のSキャラ女・氷室雪菜役について「最初はキャラクターの濃さやシチュエーションで戸惑うこともあったんですが、私なりに雪菜を解釈して演じました」と回顧。役作りについては「(原作の)マンガっぽくするならどうしたらいいだろうと思って、マンガの一コマ一コマを写真で撮って携帯に保存して、空き時間に見たりして、表情の研究などをしました」と明かした。

 舞台あいさつには玉城さんとダブル主演の小関裕太さん、佐藤寛太さん、山田杏奈さん、金子大地さん、山本監督が出席。爽やかだが実は腹黒い北見時雨役を演じた小関さんは「自分自身そういう役を演じるのは初めてだったので、勉強になったし楽しかった」と笑顔で語り、「難しかったことは、スクリーンで見ると顔の詳細まで見えるから、やりすぎるとちょっとヤンキーっぽくなっちゃう、見た目的に」と苦笑しながら苦労を明かした。

 映画は、Sキャラ女・氷室雪菜と、とある秘密を握られたことで彼女からの過激なミッションを受けることになった学園一のモテ男、北見時雨との恋愛を描く。今年3~4月にMBSとTBSで連続ドラマが放送された。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る