Cygames:優勝賞金1億円超のeスポーツ大会12月開催 賞金は国内で史上最高額

「Shadowverse World Grand Prix 2018」イメージビジュアル
1 / 1
「Shadowverse World Grand Prix 2018」イメージビジュアル

 Cygames(サイゲームス)は、優勝賞金が100万ドル(約1億1000万円)のeスポーツ大会「Shadowverse(シャドウバース) World Grand Prix 2018」を12月15、16日に開催することを明らかにした。賞金総額は131万ドル(約1億4410万円)。国内のeスポーツ史上、最高額になるという。優勝賞金、および賞金総額はUSDで支払われる。

 同大会は、対戦型オンラインカードゲーム「シャドウバース」の世界一決定戦。1月から世界各地で実施される予選会を勝ち上がった23人と、2017年12月に開催された「RAGE Shadowverse World Grand Prix」の優勝者1人の計24人で戦う。

 「シャドウバース」は、「フォロワー」「スペル」「アミュレット」という3種類のカードで40枚のデッキを編成して戦い、相手側リーダーのキャラクターの体力を0にしたら勝利となるスマートフォンとPC向けのカードゲーム。2016年から配信している。

ゲーム 最新記事

MAiDiGiTV 動画

このページのトップへ戻る