今週シネマ:6、7日公開の映画 「虹色デイズ」「ルームロンダリング」「君が君で君だ」…話題作が続々

映画
映画「虹色デイズ」のビジュアル (C)2018「虹色デイズ」製作委員会(C)水野美波/集英社

 今週公開される映画の注目作をピックアップする「今週シネマ」。6日には、ダンス&ボーカルグループ「GENERATIONS from EXILE TRIBE」の佐野玲於さん、俳優の中川大志さん、高杉真宙さん、横浜流星さんの4人が主演する映画「虹色デイズ」(飯塚健監督)が公開された。7日には、モデルで女優の池田エライザさん主演の「ルームロンダリング」(片桐健滋監督)、俳優の池松壮亮さん主演の「君が君で君だ」(松居大悟監督)が公開される。

 「虹色デイズ」は、少女マンガ誌「別冊マーガレット」(集英社)で連載された水野美波さんの人気マンガが原作。友情、恋愛、進路……と高校生ならではのテーマがふんだんに盛り込まれた、爽やかで胸キュンな青春が描かれている。中川さんらイケメン俳優4人のおバカな掛け合いも見どころだ。

 ピュアで元気ななっちゃん(佐野さん)、チャラくて女の子好きのまっつん(中川さん)、オタクで超マイペースなつよぽん(高杉さん)、ニコニコしているが実は“ドS”な恵ちゃん(横浜さん)と、趣味も性格も異なるが仲良し4人は、バカでお騒がせな楽しい毎日を過ごしていた。恋に奥手ななっちゃんが同級生の杏奈(吉川愛さん)に片思いする。距離を縮めていく2人だったが、杏奈の親友で大の男嫌いのまり(恒松祐里さん)は2人の関係を苦々しく思い、ことあるごとに邪魔をする。そんな中、まっつんは、なっちゃんの恋を応援するうちに徐々にまりに引かれていき……という展開。

 「ルームロンダリング」は、新たな映像クリエーターの発掘を目的とするコンペティション「TSUTAYA CREATORS’ PROGRAM FILM 2015」で準グランプリFilmarks賞に選ばれた企画を、企画者の片桐監督自身が映画化。幽霊が見えてしまう特殊な能力を持つヒロインが、幽霊たちの悩みに耳を傾けているうちに、自身の人生と向き合っていく姿を描くヒューマン作だ。ヒロインを取り巻く状況は決してハッピーではないものの、ほど良いコメディータッチが奏功し、後味爽やかな作品に仕上がっている。

 親代わりの祖母(渡辺えりさん)が亡くなり身寄りのなくなった八雲御子(池田さん)は、突然現れたおじの雷土悟郎(オダギリジョーさん)から、住む場所とアルバイトを提供される。アルバイトは、一定期間住むことで事故物件をクリーンな部屋に浄化する“ルームロンダリング”。不幸な死に方をした元住人たちは簡単に成仏するはずはなく、幽霊が見える御子は、図らずも、彼らの無念を晴らす役目を背負わされることに……というストーリー。

 「君が君で君だ」は、中高生の1カ月をワンカットで撮った話題作「アイスと雨音」(17年)や、故・大杉漣さんが出演していたテレビドラマ「バイプレイヤーズ」シリーズ、「アズミ・ハルコは行方不明」(16年)などの松居監督が、長年温め続けてきた完全オリジナルストーリー。好きな女の子の好きな有名人になり切りながら、ただ見つめて暮らす3人の男性の恋愛劇が描かれる。ヒロイン役を「息もできない」(08年)のキム・コッピさんが演じている。純愛すぎて異常に傾く男たちを、池松さん、満島真之介さん、大倉孝二さんが体を張って熱演している。

 自分の名を捨てて、大好きな女の子ソン(キムさん)の好きな男になり切る「尾崎豊」(池松さん)、「ブラッド・ピット」(満島さん)、「坂本龍馬」(大倉さん)は、ソンの部屋の向かいにアパートを借りて一緒に住んでいる。ソンを「姫」と呼んで、10年間も見守り続けてきた。しかし、ソンの彼氏・宗太郎(高杉真宙さん)の横暴ぶりに我慢できなくなり……と展開する。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

PHOTO

このページのトップへ戻る