MANTANWEB(まんたんウェブ)

中条あやみ:佐野勇斗とパリの「Japan Expo 2018」に制服姿で登場 「3D彼女」イベント

映画 マンガ
パリで開催された「Japan Expo 2018」に出席した映画「3D彼女 リアルガール」に主演する中条あやみさん(左)と佐野勇斗さん

 映画「3D彼女 リアルガール」(英勉=はなぶさ・つとむ=監督、9月14日公開)に主演する女優の中条あやみさんと、佐野勇斗さんが7日、仏パリで開催された「Japan Expo(ジャパンエキスポ)2018」に登場。中条さんは、「Japan Expoに来られて、とてもうれしいです。美男美女、ナイスバディーなコスプレーヤーさんたちがいっぱいいて、すごく楽しいです」と笑顔で語った。佐野さんも、「僕もアニメが大好きなので、普通に(ブースを)回りたいなと思いました。知っているキャラクターがたくさんいて楽しいですね」と興奮気味の様子だった。

 「JAPAN EXPO」は、2000年にフランスで始まり、12年からは毎年の入場者が20万人、出展社が600を超える世界最大の日本文化の総合博覧会の一つ。特に、日本のマンガ、アニメ、ゲーム、アイドルなどのポップカルチャーの愛好家が集う一大イベントとなっている。

 中条さんと佐野さんが、劇中の制服姿でステージに登壇すると、フランスのファンから温かな拍手と大きな声援が送られた。中条さんは「こんにちは。中条あやみです。今日はJapan Expoに参加できてうれしいです」、佐野さんは「こんにちは。佐野勇斗です。今日は一緒に楽しみましょう!」とこの日のために練習したフランス語であいさつした。

 イベントでは、佐野さんが演じたオタク高校生“つっつん”(筒井光)のようなオタク男子・オタク女子を探し出す「フランスのつっつんを探せ!」コンテストが実施され、中条さんと佐野さんが審査した。選ばれた参加者は「本当にうれしい」と大喜びの様子だった。

 イベント後、来場者と一緒に写真撮影をするなど交流した中条さんは、「すごく皆さんが温かく迎え入れてくださって。こんなに興味を持ってくれてうれしかったです」とにっこり。佐野さんも、「フランスでもこんなに日本の文化が愛されていて、盛り上がっているということが純粋にうれしかったです。もっと日本の文化を発信していきたいなと思いました」と振り返っていた。

 映画は、女性向けマンガ雑誌「デザート」(講談社)で11~16年に連載された那波マオさんのマンガが原作。アニメやゲームのバーチャルな世界を愛する男子高校生の筒井光(佐野さん)が、派手で男ぐせの悪い“リア充完璧超絶美少女”の五十嵐色葉(中条さん)から突然告白される……というストーリー。

映画 最新記事

MAiDiGiTV 動画

最新動画

まとめタグ

このページのトップへ戻る